ブログ

岩田総司君(修士1年)が、電気学会 静止器技術委員会 優秀奨励賞 を受賞されました!

岩田総司君(修士1年)が、電気学会 静止器技術委員会 優秀奨励賞 を受賞されました!受賞対象は、2017年7月に行われた、電気学会 放電・静止器・開閉保護 合同研究会の発表によるものです。岩田総司, 山本真司, 根本雄介, 岩尾徹, 真空アークへの縦磁界印加が及ぼす粒子密度分布, E

学部4年生が、大学のそばにある、いつもの「焼肉の牛太二子玉川店」で、学部4年 卒業研究最終発表会 の打ち上げをしました!

学部4年生が、大学のそばにある、いつもの「焼肉の牛太 二子玉川店」で、学部4年 卒業研究最終発表会 の打ち上げをしました!みんないい笑顔ですね!お疲れ様でした!HiCELは、焼肉が大好き!節目節目は、大学のそばにある、いつもの「焼肉の牛太 二子玉川店」で、お疲れ会をしています!

学部4年 卒業研究最終発表会 が開催され、HiCELのメンバーが堂々と成果を発表しました!

学部4年 卒業研究最終発表会 が開催され、HiCELのメンバーが堂々と成果を発表しました!HiCELなら、学部3年後期から研究室活動をスタート。1年半の成果があるから、直前になっても余裕!焦ることもありません。この1年半で、自分に自信を持ち、自分の言葉で、第三者に「伝わる」プレゼンテ

HiCELのメンバーが、電気学会 全国大会 in 九州大学 で発表します!

HiCELのメンバーが、電気学会 全国大会 in 九州大学 で発表します!今回の発表メンバーは、山本先輩(博士3年)、福岡先輩(修士2年)、真栄田先輩(修士2年)、小久保君(学部4年)、竹田さん(学部4年)、堀場君(学部3年)となります。また、坐間先輩(修士1年)も、聴講参加します。

【研究発表プログラム公開!】第5回 HiCEL 冬のオープンラボ 開催します!(2月17日(土))

第5回 HiCEL 冬のオープンラボ 開催します!(2月17日(土))HiCEL(ハイセル: 東京都市大学 大電流エネルギー研究室)では、2018年2月17日(土)に、第5回 HiCEL 冬のオープンラボ を開催します。当日は、学生の研究発表会、研究室概要説明会、実験室ツアー、交流会も開催します

明日より、都市大チャレンジ 「業界を知ろう!業界勉強会 2018」が行われます!

だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。だから、私は、HiCEL が好き。HiCELは、夢に向かってがんばる受験生を応援します!4月に、東京都市大学、そして、東京都市大学 電気電子工学科で、お待ちしています!明日より、都市大チャレンジ 「業界を知ろう!業界

3次元電磁熱流体シミュレーション用PCを、さらに1台、導入しました!

3次元電磁熱流体シミュレーション用PCを、さらに1台、導入しました!今回は、コントロールボリュームのサイズを現状の小さいままにしながら、計算領域を拡大(コントロールボリュームの数の増大)することを目的とし、Linux を導入することにしました。HiCELは、3次元電磁熱流体シミュレー

岩尾先生が、電気学会 先駆的大電流エネルギー技術の実用化動向調査専門委員会 に出席しました。

岩尾先生が、電気学会 先駆的大電流エネルギー技術の実用化動向調査専門委員会に出席しました。大規模照明に関する調査研究結果を発表されたとのことです。HiCELは、大電流エネルギーに関する研究が一丁目一番地。大電流エネルギー技術の進化に向け、積極的に活動しています。

岩尾先生が、東京都市大学と室蘭工業大学の学術連携の一環として、室蘭工業大学にて、「高電圧工学」の講義を行いました!

岩尾先生が、東京都市大学と室蘭工業大学の学術連携の一環として、室蘭工業大学にて、「高電圧工学」の講義を行いました!今年で、10年目の連携講義となります。岩尾先生は、毎年、室蘭工大にて、「高電圧工学」のアーク放電に関する授業を行っています。HiCELは、世界中の大学との連携を図り、私た

学部4年生が、卒業論文 最終発表会 に向けた、発表練習会(通称: ドライ) を行いました!

学部4年生が、卒業論文 最終発表会 に向けた、発表練習会(通称: ドライ) を行いました!研究の流れ、設定した目的へのフィードバック、目次、最新の成果、追加実験の確認を行い、卒業論文の執筆と、卒業論文 最終発表会の発表 予行練習会(通称: ドライ)を行いました。いよいよ、1年半やって

岩尾先生が、平成30年電気学会全国大会 第1回大会委員会/第3回大会小委員会 に出席されました。

岩尾先生が、平成30年電気学会全国大会 第1回大会委員会/第3回大会小委員会 に出席されました。電気学会の活性化に向け、議論を進めたとのことでした。HiCELは、「電気をもっとオープンに!」をモットーに、電気業界の活性化に向け、取り組んでいます。

根本君(学部4年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使して、非平衡アーク現象の解明を行っています。

根本君(学部4年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使して、非平衡アーク現象の解明を行っています。写真は、現状の計算結果ですが、発散中です (^^;; ありえないところから、ありえないアークが発生し、流れもぐちゃぐちゃですね・・・。(あ、今確認しましたら、これは、非平衡アークの計算では

堀場君(学部3年)が、パワーエレクトロニクスを駆使した「縦横磁界印加時における真空アークの移動に関する研究」に着手しました。

堀場君(学部3年)が、パワーエレクトロニクスを駆使した「縦横磁界印加時における真空アークの移動に関する研究」に着手しました。本研究は、岩尾先生が学部生だった22年前に考案したアイデアを活かしたものです。さぁ、壁を一つ一つ、乗り越えていきましょう!HiCELは、パワーエレクトロ

杉山君(学部3年)が、パワーエレクトロニクスを駆使した「テスラコイルを用いたコロナ放電に関する研究」に着手しました。

杉山君(学部3年)が、パワーエレクトロニクスを駆使した「テスラコイルを用いたコロナ放電に関する研究」に着手しました。波動砲、ライトセーバー、ビームサーベル、レールガン、かめはめ波を世に送り出してきたHiCELが、いよいよ、本気でテスラコイルの研究に取り組みます。2018年のHiCEL

東京都市大学 電気電子工学科 の魅力! (6) 問題発見 問題解決 能力を養成! 将来の生きるテーマ、夢を見つけることができます!

だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。だから、私は、HiCEL が好き。HiCELは、夢に向かってがんばる受験生を応援します!4月に、東京都市大学 電気電子工学科で、お待ちしています!問題発見 問題解決 能力を養成! 将来の生きるテーマ、

TOP