ブログ

東京都市大学 電気電子工学科 の魅力! (3) 緑に囲まれ、落ち着いて勉強できる! テニスコートもたくさんある!

だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。だから、私は、HiCEL が好き。HiCELは、夢に向かってがんばる受験生を応援します!4月に、東京都市大学 電気電子工学科で、お待ちしています!意外と、都市大も、いいんじゃない?主体性と自律。自分が成長できる環境が自慢です。後

東京都市大学 電気電子工学科 の魅力! (2) 一人暮らしでも安心! 4年間、同一のキャンパス最高! そして、留学にも挑戦可能!

だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。だから、私は、HiCEL が好き。< 受験生応援プロジェクト >HiCELは、夢に向かってがんばる受験生を応援します!4月に、東京都市大学 電気電子工学科で、お待ちしています!一人暮らしでも安心! 4年間、同

東京都市大学 電気電子工学科 の魅力! (1) 都市大 電気電子工学科を選んでよかった!

だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。だから、私は、HiCEL が好き。< 受験生応援プロジェクト >HiCELは、夢に向かってがんばる受験生を応援します!4月に、東京都市大学 電気電子工学科で、お待ちしています!都市大 電気電子工学科を選んでよかっ

カナシロ君(学部3年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使した「真空アーク陰極点の逆行運動に関する研究」に着手しました。

カナシロ君(学部3年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使した「真空アーク陰極点の逆行運動に関する研究」に着手しました。本研究は、山本先輩の博士論文で得られた知見を、更に飛躍させる研究です。HiCELは、100年以上にわたり脈々と続く「アーク現象」に関する、日本を代表する研究室

都市大チャレンジ 「業界を知ろう!業界勉強会 2018」の申込が開始されました!

都市大チャレンジ 「業界を知ろう!業界勉強会 2018」の申込が開始されました!本イベントは、各界で御活躍の皆様をお招きし業界の勉強をするものです。毎年、都市大チャレンジ運営委員会が主催しており、運営は、学生自らの手で行っています。都市大生は、都市大チャレンジのホームページのイベント

受験生応援プロジェクト「だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。 だから、私は、HiCEL が好き。」を始動します!

受験生応援プロジェクト「だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。 だから、私は、HiCEL が好き。」を始動します!受験生の皆様、センター試験、お疲れ様でした! ゆっくりお休みください。さて、本日より、HiCEL では、受験生応援プロジェクト「だから、私は、東京都市大学 電気電子

松本君(学部3年)が、パワーエレクトロニクスを駆使した「高周波回転磁界を印加時のトルネードアークに関する研究」に着手しました。

松本君(学部3年)が、パワーエレクトロニクスを駆使した「高周波回転磁界を印加時のトルネードアークに関する研究」に着手しました。本研究は、岩尾先生が学部生だった22年前に考案したアイデアを活かしたものです。さぁ、壁を一つ一つ、乗り越えていきましょう!HiCELは、パワーエレクト

須貝君(学部3年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使した「横風吹き付け時におけるパルスアーク溶接に関する研究」に着手しました。

須貝君(学部3年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使した「横風吹き付け時におけるパルスアーク溶接に関する研究」に着手しました。本研究は、岩尾先生が、溶接に関する国際会議において海外の研究者と討論したことを発端にしたものです。さぁ、壁を一つ一つ、乗り越えていきましょう!

山本先輩(博士3年)の 博士論文発表会 が開催されました!

山本先輩(博士3年)の 博士論文発表会 が開催されました!6年間の研究成果(実験+シミュレーション)を発表しました!3次元電磁熱流体シミュレーションを用いて、真空アーク陰極点の逆行運動(いわゆる左手の法則である電磁力とは逆向きに動く現象)を解析、現象を明らかにしたことは、世界初!の大きな成果

いよいよ明日、山本先輩(博士3年)の 博士論文発表会 が開催されます!

いよいよ明日、山本先輩(博士3年)の 博士論文発表会 が開催されます!6年間の研究成果(実験+シミュレーション)を発表します!特に、3次元電磁熱流体シミュレーションを用いて、真空アーク陰極点の逆行運動(いわゆる左手の法則である電磁力とは逆向きに動く現象)を解析、現象を明らかにしたことは、世界

鈴木君(学部3年: 静岡出身)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを用いた「電力用ガス遮断器におけるノズルアブレーションの研究」に着手しました。

鈴木君(学部3年: 静岡出身)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを用いた「電力用ガス遮断器におけるノズルアブレーションの研究」に着手しました。下の写真は、OJTの1人である物性班の根本先輩(学部4年)から、レクチャーを受けている様子です。HiCELは、OJTの制度が充実!一人で悩ま

竹内君(学部3年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使した「電気鉄道におけるトロリ線とすり板間の長ギャップアークの研究」に着手しました。

竹内君(学部3年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使した「電気鉄道におけるトロリ線とすり板間の長ギャップアークの研究」に着手しました。写真の図は、面白い結果のよう見えますが、発散してしまっている結果(失敗)です。。。さぁ、壁を一つ一つ、乗り越えていきましょう!HiCE

HiCEL 学部3年 中間発表会 を開催しました!

HiCEL 学部3年 中間発表会 を開催しました!10月より本配属された学部3年生が、HiCEL全体としては秋合宿(10月)に続き2回目の中間発表をしました。今回は、10月の秋合宿とは異なり、OJTのサポートの下、自らが学び考えてきた研究の流れ、研究背景、そして、進捗を発表しました。

電気学会全国大会 2018 in 九州大学 の参加に向け、HiCELのメンバーが論文の投稿をしました!

電気学会全国大会 2018 in 九州大学 の参加に向け、HiCELのメンバーが論文の投稿をしました!今回、発表するのは、以下の6名のメンバーとなります。◎山本真司(博士3年),岩尾徹,江原由泰,3次元電磁熱流体シミュレーションによる真空アーク陰極点の逆行運動の解析(Analysis

3年生が研究室の大掃除をしました!また、計算班が、計算班PCの配置を変更するとともに、モニターを1台追加しました!

3年生が研究室の大掃除をしました!また、計算班が、計算班PCの配置を変更するとともに、モニターを1台追加しました!写真は、配置変更の完了後、早速、研究のディスカッションをしている様子です。HiCELは、いつも楽しく快適に研究する環境を整えながら、明日の社会を支える技術開発に向け、前進

あけましておめでとございます!

あけましておめでとございます!本年もよろしくお願い申し上げます。HiCELは、設立以来、三次元熱流体シミュレーションの開発(遮断器、レールガン、溶接、パルスアーク、照明、紫外線殺菌、加熱殺菌)、大気圧アークの磁界制御、真空アーク陰極点の磁界制御、テスラコイルの産業応用、ドローンを用い

TOP