ブログ

真栄田先輩(博士2年)と田代先輩(修士1年)が、アメリカン航空 スミスミュージアム(American Airlines C.M. Smith Museum)の見学をしました!

真栄田先輩(博士2年)と田代先輩(修士1年)が、アメリカン航空 スミスミュージアム(American Airlines C.M. Smith Museum)の見学をしました!金属加工、溶接、エンジン、雷や天気に関する知見を得ることができました。HiCELは、世界中を旅し、最新技術動を

アメリカ物理学会 GEC(気体エレクトロニクス会議)にて、駒井先輩(修士2年)、根本先輩(修士2年)、田代先輩(修士1年)が、ポスター発表をされました!

アメリカ物理学会 GEC(気体エレクトロニクス会議)in テキサスA&M大学 にて、駒井先輩(修士2年)、根本先輩(修士2年)、田代先輩(修士1年)が、ポスター発表をされました!Yusuke Nemoto, Yuji Komai, Zhenwei Ren, Yoshifumi Maeda,

アメリカ組が全員、ラボックから学会が行われるカレッジステーションに移動しました。

アメリカ組が全員、ラボックから学会が行われるカレッジステーションに移動しました。当日は、ダラスフォートワース空港周辺が雷雨だったため、予定より5時間遅れての到着となりました。3つの飛行機に分かれての移動だったため、最後の便の駒井先輩(修士2年)、任先輩(修士2年)、根本先輩(修士2年)は、当

岩尾先生が、18年ぶりに、アメリカ テキサステック大学 パルスパワー&パワーエレクトロニクスセンター を訪問、60分間の英語による「High Current and Energy Technology to Future Society」のプレゼンテーションを行いました。

岩尾先生が、18年ぶりに、アメリカ テキサステック大学 パルスパワー&パワーエレクトロニクスセンター を訪問、60分間の英語による「High Current and Energy Technology to Future Society」のプレゼンテーションを行いました。岩尾先生は、2001

岩尾先生と田代先輩(修士1年)が、これからアメリカに出国します!

岩尾先生と田代先輩(修士1年)が、これからアメリカに出国します!今回は、アメリカン航空&アメリカンイーグルだそうです。ただし、最後の帰国便は、JAL機材のコードシェアだそうです。いってらっしゃい!HiCELは、世界中を旅し、自分を成長さえる取り組みを強化しています。

岩尾先生 と 田代先輩(修士1年)が、明日より、アメリカに出張されます!

岩尾先生 と 田代先輩(修士1年)が、明日より、アメリカに出張されます!岩尾先生と田代先輩は、武蔵小杉 → 成田 → ダラス → ラボック → テキサステック大学 → ラボック → ダラス → カレッジステーション → テキサスA&M大学 → カレッジステーション → ダラス → 成田 →

駒井先輩(修士2年)、任先輩(修士2年)、根本先輩(修士2年)が、ロサンゼルスに旅立ちました!

駒井先輩(修士2年)、任先輩(修士2年)、根本先輩(修士2年)が、ロサンゼルスに旅立ちました!今回は、羽田 → ロサンゼルス → ラスベガス → フェニックス → ダラス → ラボック → テキサステック大学 → ラボック → ダラス → カレッジステーション → テキサスA&M大学 → カ

岩尾先生が、アメリカ ESTA の申請の確認をしました!

岩尾先生が、アメリカ ESTA* の申請の確認をしました!昨年、申請していたとのことで、今年も有効期間内とのことでした。*ESTAは、ビザ免除プログラム(VWP)を利用して渡米する旅行者の適格性を判断する電子システムです。HiCELは、積極的に世界へ。私たちの成果を紹介すると

根本先輩(修士2年)、鈴木先輩(修士1年)、杉山先輩(修士1年)、松本先輩(修士1年)が、熱プラズマ研究交流会に参加し発表を行いました。また、若手研究者同士で、懇親を深めました!

根本先輩(修士2年)、鈴木先輩(修士1年)、杉山先輩(修士1年)、松本先輩(修士1年)が、熱プラズマ研究交流会に参加し発表を行いました。また、若手研究者同士で、懇親を深めました!本研究交流会は、学生主体のものであり、目的は,修士・博士課程の学生同士がそれぞれの研究を発表・討論することで親睦を

根本先輩(修士2年)、鈴木先輩(修士1年)、杉山先輩(修士1年)、松本先輩(修士1年)が、熱プラズマ研究交流会に参加するため、九州大学を訪問しています。

根本先輩(修士2年)、鈴木先輩(修士1年)、杉山先輩(修士1年)、松本先輩(修士1年)が、熱プラズマ研究交流会に参加するため、九州大学を訪問しています。本研究交流会は、学生主体のものであり、目的は,修士・博士課程の学生同士がそれぞれの研究を発表・討論することで親睦を深めつつ互いを刺激しあうと

今週も、岩尾先生とHiCELのメンバーが、横浜サイエンスフロンティア高等学校にて、生徒の皆さんの研究活動をサポートさせて頂いています!

今週も、岩尾先生とHiCELのメンバーが、横浜サイエンスフロンティア高等学校にて、生徒の皆さんの研究活動をサポートさせて頂いています!HiCELは、若い才能の芽を育てる取り組みを強化しています。私たちが、社会を変革していく力になる。「つながる時代には、つなげる人が要る」

TOP