ブログ

プラズマアークの磁界制御に向けた、ヘルムホルツコイルへの磁界印可に成功しました!

プラズマアークの磁界制御に向けた、ヘルムホルツコイルへの磁界印可に成功しました!予備実験として、正弦波で、狙い通りの周波数と電流を印可することができました。今後は、さらに高周波数化、大電流化に挑戦します。HiCELは、毎日、コツコツ、一歩一歩、前進していきます。

土曜日の研究室の一コマです。HiCEL中間発表(12/26 学部4年、1/9 学部3年)に向け、今から段取り良く取り組んでいます!

土曜日の研究室の一コマです。HiCEL中間発表(12/26 学部4年、1/9 学部3年)に向け、今から段取り良く取り組んでいます!中間発表は、口頭発表とし、1人30分(発表12分、質疑18分)で行います。中間発表ですから、普段の研究進捗報告とは異なり、研究の位置づけの明確化と進捗との関連付け

ネスカフェ バリスタ用のコーヒーを補充しました!

ネスカフェ バリスタ用のコーヒーを補充しました!これで、研究の安らぎのひと時を快適に過ごせるようになります。また、現在、ネスカフェ アンバサダー のティーマシン無料レンタルの検討をしています。まずは、出張デモをしていただく予定です。HiCELは、研究環境の改善として、研究室内

水渦流冷却型器壁安定化アーク発生装置(2号機)を設置する架台を製作しています!

水渦流冷却型器壁安定化アーク発生装置(2号機)を設置する架台を製作しています!その他、現在、以下の対応をしています。・水とガスの切り分け部に、設計上の不具合が生じているため、その改善・ポンプで水を汲み上げる際に使用する、排水を貯水する貯水槽の製作と設置HiCELは、プロジ

研究室に、3か月分の大きいカレンダーを設置しました!

研究室に、3か月分の大きいカレンダーを設置しました!これで、3か月の予定の把握が一目瞭然になりました。HiCELは、1日、1週間、1か月、3か月、6か月、1年、2年、3年、5年、10年というスケジュール感を大切にしながら、そして、1日1日を大切にすることを心掛け、行動しています。

水渦流冷却型器壁安定化アーク発生装置の排水をチラーに戻すための、小型の水ポンプを購入しました!

水渦流冷却型器壁安定化アーク発生装置の排水をチラーに戻すための、小型の水ポンプを購入しました!現在、科研費を活用し、水渦流冷却型器壁安定化アーク発生装置の2号機の開発を進めています。今回購入したポンプにより、水をチラーに送ることが従来以上に簡単になります。ちなみに、2号機は、1号機よ

プラズマアークの磁界制御に向け、パワーエレクトロニクスを駆使した制御法の開発に着手しています!

プラズマアークの磁界制御に向け、パワーエレクトロニクスを駆使した制御法の開発に着手しています!今年からの新テーマとして、大気圧アークや真空アークを磁界の力で制御する研究をしています。HiCELでは、今年の8月に、「的確な場所」に、「適切な磁界」を、「自由自在」に印加する手法を考案しました。現

東京都市大学と室蘭工業大学との連携授業の一環として、佐藤孝紀教授が来訪され、「放電プラズマによる水素生成技術 -低炭素社会を目指して-」と題した講義をしていただきました。

東京都市大学と室蘭工業大学との連携授業の一環として、佐藤孝紀教授が来訪され、「放電プラズマによる水素生成技術 -低炭素社会を目指して-」と題した講義をしていただきました。HiCELは、著名な方々をお呼びし幅広い知見を御教授いただくことで、知識をどんどん吸収していきます!

岩尾先生が講義をされている大学院の電気回路特論、「グラフ理論」から「交流過渡現象」まで終わりました!

岩尾先生が講義をされている大学院の電気回路特論、「グラフ理論」から「交流過渡現象」まで終わりました!今後は、ラプラス変換を用いた過渡現象の計算、二端子対回路、不平衡三相交流回路、有効電力、無効電力、加速脱調、減速脱調、位相まで行います。HiCELは、1問に60分かかる問題も、現象の理

HiCELの有志が、電気学会 第69回電気技術史研究会「最近の送変電・配電技術と将来について,および電気技術史一般」に参加しました!

HiCELの有志が、電気学会 第69回電気技術史研究会「最近の送変電・配電技術と将来について,および電気技術史一般」に参加しました!具体的な内容は、以下に示す通りです。とても充実した内容で、勉強になりました。都市大は、東京にも横浜や川崎にも近いロケーションのため、最新の情報や技術に簡単に触れ

鹿野先輩(修士1年)、佐藤先輩(修士1年)、長澤先輩(修士1年)、中村先輩(修士1年)が、無事に帰国しました。

鹿野先輩(修士1年)、佐藤先輩(修士1年)、長澤先輩(修士1年)、中村先輩(修士1年)が、無事に帰国しました。写真は、岩尾先生が衝動買いした、TUMIのバッグを手にする中村先輩です。HiCELは、最後の最後まで、海外を楽しみ、そして、元気に帰国します。

鹿野先輩(修士1年)、佐藤先輩(修士1年)、長澤先輩(修士1年)、中村先輩(修士1年)が、アトランタからダラスに移動しました。ちなみに、アトランタ、ダラスの2日間、夕食はステーキでした!

鹿野先輩(修士1年)、佐藤先輩(修士1年)、長澤先輩(修士1年)、中村先輩(修士1年)が、アトランタからダラスに移動しました。ちなみに、アトランタ、ダラスの2日間、夕食はステーキでした!ダラスでは、飛行機の乗り継ぎの都合で、1泊することとなりましたので、夕方にThe Sixth Floor

岩尾先生、鹿野先輩(修士1年)、佐藤先輩(修士1年)、長澤先輩(修士1年)、中村先輩(修士1年)が、Hitachi HVB社を訪問し、工場見学を行いました。また、岩尾先生が、現地のエンジニアの方々向けに、HiCELの研究内容をプレゼンテーションしました。

岩尾先生、鹿野先輩(修士1年)、佐藤先輩(修士1年)、長澤先輩(修士1年)、中村先輩(修士1年)が、Hitachi HVB社を訪問し、工場見学を行いました。また、岩尾先生が、現地のエンジニアの方々向けに、HiCELの研究内容をプレゼンテーションしました。Hitachi HVB社によるアメリカ

鹿野先輩(修士1年)、佐藤先輩(修士1年)、長澤先輩(修士1年)、中村先輩(修士1年)が、アトランタに到着し、ストーン・マウンテンの見学をしました。

鹿野先輩(修士1年)、佐藤先輩(修士1年)、長澤先輩(修士1年)、中村先輩(修士1年)が、アトランタに到着し、ストーン・マウンテンの見学をしました。工場見学(明日更新!)を終え、ストーン・マウンテン(Stone Mountain)の見学をしました。アメリカ合衆国ジョージア州ストーンマウンテン

鹿野先輩(修士1年)、佐藤先輩(修士1年)、中村先輩(修士1年)、長澤先輩(修士1年)が、明日の発表準備をしました。また、リバーサイドにて、牡蠣を堪能しました。

鹿野先輩(修士1年)、佐藤先輩(修士1年)、中村先輩(修士1年)、長澤先輩(修士1年)が、明日の発表準備をしました。また、リバーサイドにて、牡蠣を堪能しました。HiCELは、異文化交流を大切にし、食文化の体験も積極的に取り組んでいます。

TOP