ブログ

福岡君(修士1年)が、電気学会関西支部主催の JR西日本 小水力発電・電力貯蔵装置 の見学会に参加しました。

福岡君(修士1年)が、電気学会関西支部主催の JR西日本 小水力発電・電力貯蔵装置 の見学会に参加しました。以下が日程でした。13:00 北陸線 敦賀駅前集合13:00~13:10 挨拶 電気学会関西支部13:10~14:10 小水力発電設備(北陸トンネル)概要説明及び見学

犬塚先輩(修士1年)、大和君(学部4年)が、新大型ヘルムホルツコイルによる横磁界印加装置付き磁気駆動アーク実験(レールガン)を行っています。

犬塚先輩(修士1年)が、新大型ヘルムホルツコイルによる横磁界印加機能付き磁気駆動アーク実験(レールガン)を行っています。アークの移動に関し、驚きの成果が出ています!本成果は、金沢大学で行われる、電気学会 放電・静止器・開閉保護 合同研究会にて、発表する予定です。 写真は、実験

【HiCEL サンデーズ】 「磁界 vs. 横風」 アーク偏向実験、本実験を開始しました!

【HiCEL サンデーズ】 「磁界 vs. 横風」 アーク偏向実験、本実験を開始しました!木曜日に、東京都立産業技術研究センターにて、銅板の研磨を行いました。これで、陽極状態も完璧!いよいよ、本実験を開始しました! 22日の論文締切に向け、仮説を実証する実験を進めています。H

【HiCEL サタデーズ】 石川君(学部4年)が、電磁熱流体シミュレーションにおいて、過渡回復電圧の計算への導入に成功しました!これで、電力用ガス遮断器のシミュレーションが可能となりました!

石川君(学部4年)が昨年10月より取り組んでいた電磁熱流体シミュレーションにおいて、過渡回復電圧の計算への導入に成功しました!これで、電力用ガス遮断器のシミュレーションが可能となりました!本シミュレーションは、プログラミング言語のFORTRANで書かれた、HiCEL独自のプログラムで行ってい

電気学会 電力・エネルギー部門誌 9月号 『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集 に、曽根先輩(2015年度修士卒: 東京電力)、光安先輩(2013年度修士卒: 東京電力)、山本先輩(博士課程2年)、岩尾先生が執筆された「器壁安定化アルゴンアークの演色性向上に及ぼす電流と器壁半径の寄与」の論文が掲載されることになりました!

電気学会 電力・エネルギー部門誌 9月号 『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集 に、曽根先輩(2015年度修士卒: 東京電力)、光安先輩(2013年度修士卒: 東京電力)、山本先輩(博士課程2年)、岩尾先生が執筆された「器壁安定化アルゴンアークの演色性向上に及ぼす電流と器壁半径の寄与」の論文が掲

犬塚先輩(修士1年)が、新しい大型ヘルムホルツコイルを、レールガン装置に取り付けました!

犬塚先輩(修士1年)が、新しい大型ヘルムホルツコイルを、レールガン装置に取り付けました!一様な磁束密度が発生(界磁電流 1 Aにつき、1 mT)していることを確認しました。椎野先輩の計算、大和君の設計通りです!まずは、アークへの磁束密度の寄与を確認するため、レールガン装置に取り付け、

電気学会 電力・エネルギー部門大会(九州工業大学)に向けて、山本先輩(博士2年(岩田君代理発表(学部4年))),犬塚先輩(修士1年)、椎野先輩(修士1年)、清水先輩(修士1年)、真栄田先輩(修士1年)がアブストラクトを提出しました!

電気学会 電力・エネルギー部門大会(九州工業大学)に向けて、山本先輩(博士2年(岩田君代理発表(学部4年)))、犬塚先輩(修士1年)、椎野先輩(修士1年)、清水先輩(修士1年),真栄田先輩(修士1年)がアブストラクトを提出しました!発表論文は、以下の通りです。<電力の輸送 / 放電プ

大和君(学部4年)が、新しい大型ヘルムホルツコイルの巻線を巻き終わりました!

大和君(学部4年)が、新しい大型ヘルムホルツコイルに巻く、銅線を巻き終わりました!このコイルを用いて、超小口径水渦流型器壁安定化アークの改良を行います。現在、磁界が及ぼすアーク偏向に関し、大気圧アーク、真空アーク、レールガンの各実験、並びに、電磁熱流体シミュレーションを駆使し、詳細な解明を行

【HiCEL サンデーズ】 超小口径水渦流型器壁安定化アーク発生装置による演色評価数の測定実験、順調です!

【HiCEL サンデーズ】 超小口径水渦流型器壁安定化アーク発生装置による演色評価数の測定実験、順調です!演色性の向上のため、平均演色評価数を90以上とし、かつ、R9を90以上にすることを目指します。具体的には、アーク電流を変化させながら、入力電力、アークの温度分布をコントロールし、具現化し

【HiCEL サタデーズ】 超小口径水渦流型器壁安定化アーク発生装置による演色評価数の測定実験を行っています!

【HiCEL サタデーズ】 超小口径水渦流型器壁安定化アーク発生装置による演色評価数の測定実験を行っています!今回、陽極の設計を見直すことで冷却性能の向上を図り、陽極の損耗を防ぐことができています。また、冷却水の循環に関しても、新設のポンプを用いることで安定させることができています。実験順調

電気学会 放電/静止器/開閉保護 合同研究会「アークプラズマ・電気接点とその応用」(金沢大学)にて、犬塚先輩(修士1年)、椎野先輩(修士1年)、高橋有沙 先輩(修士1年)、高橋広樹 先輩(修士1年)、真栄田 先輩(修士1年)、石井さん(学部4年)が発表します!

電気学会 放電/静止器/開閉保護 合同研究会「アークプラズマ・電気接点とその応用」(金沢大学)にて、犬塚先輩(修士1年)、椎野先輩(修士1年)、高橋有沙 先輩(修士1年)、高橋広樹 先輩(修士1年)、真栄田 先輩(修士1年)、石井さん(学部4年)が発表します!今回は、英語での発表を、高橋有沙

岩尾先生、真栄田先輩(修士1年)、石井さん(学部4年)が、溶接関連の国際会議 10th International Conference on Trends in Welding Research & 9th International Welding Symposium of Japan Welding Society (9WS) の参加に向けて、アブストラクトの提出をしました!

岩尾先生、真栄田先輩(修士1年)、石井さん(学部4年)が、溶接関連の国際会議 10th International Conference on Trends in Welding Research & 9th International Welding Symposium of Japan Weld

後藤先輩(2014年度院卒: TOTO)が来訪され、会社の説明と現在の仕事に関する御講演をしていただきました!

後藤先輩(2014年度院卒: TOTO)が来訪され、会社の説明と現在の仕事に関する御講演をしていただきました!本日の御講演では、「水回りを中心とした生活文化の創造」に関し、勉強をさせていただきました。HiCELは、OB/OGと現役学生との強固な団結力が自慢!社会と研究室とのつながりを

大和君(学部4年)が、レールガン用の新しいヘルムホルツコイルの設計製作に着手しました!

大和君(学部4年)が、レールガン用の新しいヘルムホルツコイルの設計製作に着手しました!今回製作しているのは、直径 50 cm(内径 44 cm)! 慎重に製作を進めています!HiCELは、学生が考えるアイデアを、「やってみなはれ!」の精神で、具現化していきます!

真栄田君(修士1年)が取り組んでいる「3次元の電磁熱流体シミュレーション」、もうすぐ完成です!

真栄田君(修士1年)が取り組んでいる「3次元の電磁熱流体シミュレーション」、もうすぐ完成です!計算領域、境界条件の見直しを図り、ようやく、3次元において対称な流れの計算ができるようになりました。あと少しで、世界初!の画期的な成果を出す準備が整います!HiCELは、諦めず、落ち

坐間君(学部4年)、元気に楽しく実験準備中です!

坐間君(学部4年)、元気に楽しく実験準備中です!やらされるのではなく、命令されるのでもなく。自宅から往復4時間。毎日、自らの意志で研究室に来て、主体的に行動しています。HiCELは、3年後期から研究室配属!たった半年間で目の色が変わり、実力と自信がつき、そして、自ら動き未来を切り拓け

水渦流型器壁安定化アーク発生装置の冷却水循環部が完成しました!

水渦流型器壁安定化アーク発生装置の水循環部が完成しました!水槽、冷却水循環ポンプ、フィルタ、配管を用いて、冷却水循環部が完成しました!構想から半年、水の逆流など予期せぬ事態にも見舞われましたが、ようやく完成しました。これで、安心して、安定した水渦流型器壁安定化アークを発生させることが

「ヘルムホルツコイルを用いた磁界によるアーク偏向実験」 世界初!の新たなステージに向け実験準備中です!

「ヘルムホルツコイルを用いた磁界によるアーク偏向実験」 世界初!の新たなステージに向け実験準備中です!現在、大気圧班(照明、溶接、遮断器)、真空班(遮断器、表面処理)では、ヘルツホルムコイルを4対(既存の1対を含む)設計製作中です。GW中は、まとまった時間がとれますので、世界初の実験に挑戦す

紙そろえパンチャーを導入しました!

紙そろえパンチャーを導入しました!なんと、自動で紙をそろえ、パンチまでしてくれます!これで、各自の研究カルテの整理も、ばっちりです!■ 商品紹介■ 使い方動画HiCELは、日々の研究の成果を、こまめにまとめる取り組みを推進しています!

TOP