ブログ

3次元電磁熱流体シミュレーション用PCを、さらに1台、導入しました!

3次元電磁熱流体シミュレーション用PCを、さらに1台、導入しました!今回は、コントロールボリュームのサイズを現状の小さいままにしながら、計算領域を拡大(コントロールボリュームの数の増大)することを目的とし、Linux を導入することにしました。HiCELは、3次元電磁熱流体シミュレー

竹内君(学部3年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使した「電気鉄道におけるトロリ線とすり板間の長ギャップアークの研究」に着手しました。

竹内君(学部3年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使した「電気鉄道におけるトロリ線とすり板間の長ギャップアークの研究」に着手しました。写真の図は、面白い結果のよう見えますが、発散してしまっている結果(失敗)です。。。さぁ、壁を一つ一つ、乗り越えていきましょう!HiCE

真栄田先輩(修士2年)が、電気学会 産業応用部門大会 in 函館 にて口頭発表をしました!

真栄田先輩(修士2年)が、電気学会 産業応用部門大会 in 函館 にて口頭発表をしました!電磁熱流体シミュレーションを用いたアーク放電が及ぼすトロリ線の溶損量の解析◎真栄田義史・岩田総司・山本真司・岩尾徹・早坂高雅HiCELは、研究室のシーズと実社会のニーズを結び付け、新しい可能

早坂様(鉄道総研)が来訪され、岩尾先生の教授就任祝いとして、鉄道総研 オリジナルの「総研ワイン」を頂きました!

早坂様(鉄道総研)が来訪され、岩尾先生の教授就任祝いとして、鉄道総研 オリジナルの「総研ワイン」を頂きました!R.T.R.I(Railway Technical Research Institute)の文字と共に、総研の建物正面が描かれています。美味しくいただきます!今日は、

真栄田先輩(修士1年)が、電気学会 産業応用部門誌に、「アーク放電によるトロリ線とすり板の溶損量の算出に向けた電磁熱流体シミュレーション手法の開発」と題した論文を投稿をしました!

真栄田先輩(修士1年)が、電気学会 産業応用部門誌に、「アーク放電によるトロリ線とすり板の溶損量の算出に向けた電磁熱流体シミュレーション手法の開発」と題した論文を投稿をしました!真栄田義史,岩田総司,田中達朗,山本真司,岩尾徹,早坂高雅,アーク放電によるトロリ線とすり板の溶損量の算出に向けた

第3回 HiCEL オープンラボ 写真館 ~ 御参加ありがとうございました!~

第3回 HiCEL オープンラボ 写真館 ~ 御参加ありがとうございました!~第3回 HiCEL オープンラボは、 大成功で終了しました!御参加くださった皆様!ありがとうございました!学生のポスターでは、白熱した討論が行われました。また、交流会、夜遅くまで、とても盛り上がりました!

【速報!】オープンラボ 大成功でした!

オープンラボ 大成功でした!御参加くださった皆様!ありがとうございました!学生のポスターでは、白熱した討論が行われました!また、交流会、夜遅くまで、とても盛り上がりました!HiCELは、卒業しても帰るところがある。1年に一度、2月のオープンラボでの再会を大切に

修士1年 エントリーシート(ES) 自主対策会 開催中です!

修士1年 エントリーシート (ES) 自主対策会 開催中です!HiCELは、12月初旬から、HiCELの理念と魔法の言葉と共に、自己分析、自分史の棚卸、自己の発見、自分の変革と成長、そして、業界研究を進めています。研究、産学共同研究、学会活動、国際交流、留学、国際会議での発表、ジオラ

第23回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL2016)にて、真栄田先輩(修士1年)、大和君(学部4年)が、口頭発表をしました!

第23回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL2016)にて、真栄田先輩(修士1年)、大和君(学部4年)が、口頭発表をしました!HiCELは、電力(大電流、高電圧、放電、プラズマ)を中心に、インフラ全般の研究を推進しています。そして、10年後の技術の進化に向け、鉄道プロジェクトを新たに立ち

第23回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL2016)の発表に向け、検討考察に力を入れています!

第23回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL2016)の発表に向け、検討考察に力を入れています!現在、真栄田先輩(修士1年)、岩田君(学部4年)、大和君(学部4年)が、解析データや実験データを分析ながら、検討考察を行っています。なんとか、明日中には、大枠の資料が完成する予定です。

いよいよ金曜日から! HiCELがホストの 「放電学会 若手セミナーと年次大会」 を、東京都市大学にて開催します!

いよいよ金曜日から! HiCELがホストの 「放電学会 若手セミナーと年次大会」 を、東京都市大学にて開催します!<2016年度放電学会年次大会>日時: 2016年11月26日(土) 13:00~18:00場所: 東京都市大学 横浜キャンパス懇親会: 同 学生食堂 18:00~

福岡先輩(修士1年)が、工学系21学協会の教育部門担当等で構成する工学教育調査研究連合委員会主催 「鉄道業界が期待する⼯学教育と学⽣の⼈材像」シンポジウムの聴講をしました。

福岡先輩(修士1年)が、工学系21学協会の教育部門担当等で構成する工学教育調査研究連合委員会主催 「鉄道業界が期待する⼯学教育と学⽣の⼈材像」シンポジウムの聴講をしました。本シンポジウムは、工学系学協会の枠を超えて、工学教育・技術者育成のあり方や次世代を担う鉄道技術者像を議論するものです。

鉄道総合技術研究所の見学、並びに、研究討論をしました!

鉄道総合技術研究所の見学、並びに、研究討論をしました!研究設備の見学、並びに、有意義な研究討論をすることができました!終了後には、懇親会にて、鉄道総研の方々と親睦を深めました。HiCELは、積極的に外へ。私たちのシーズと社会のニーズをマッチングし、新しい社会を創造していきます

電気電子研究会 夏合宿 が終わりました!

電気電子研究会 夏合宿 が終わりました!1日目は、山梨県立リニア見学センターの見学、並びに、アイスブレイクをしました。2日目は、午前は、諏訪大社 上社 の見学、午後は、1年生の研究発表会、並びに、今後の電気電子研究会や、今後の都市大に関し、グループディスカッションをしました。3日目は

第23回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL2016) に参加するため、真栄田先輩(修士1年)、大和君(学部4年)がアブストラクトを提出しました!

第23回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL2016) に参加するため、真栄田先輩(修士1年)、大和君(学部4年)がアブストラクトを提出しました!現在、トロリー線やすり板の溶損に関し、3次元シミュレーションの開発や、溶損を再現できる実験装置の製作を行っています。真栄田義史、他:

【HiCEL サンデーズ】 第23回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL2016) に参加するため、討論を進めています!

【HiCEL サンデーズ】 第23回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL2016) に参加するため、討論を進めています!現在、トロリー線やすり板の溶損に関し、3次元シミュレーションの開発や、溶損を再現できる実験装置の製作を行っています。HiCELは、下記の鉄道プロジェクトのメンバ

鉄道関連の研究 「トロリ線とパンタグラフすり板間で発生するアーク放電現象の解明」 を開始します!

鉄道関連の研究 「トロリ線とパンタグラフすり板間で発生するアーク放電現象*の解明」 を開始します!参考*) 鉄道総研 電力技術研究部 電車線構造研究室昨年度(受託研究)に引き続き、今年度も、鉄道関連の研究を継続して行います。本プロジェクトは、3次元電磁熱流体シミュレーションを

TOP