ブログ

岩尾先生が、電気学会 電力・エネルギー部門 研究調査運営委員会 に出席されました。

岩尾先生が、電気学会 電力・エネルギー部門 研究調査運営委員会 に出席されました。岩尾先生は、同委員会の委員長として、研究調査活動に関し、議論をされたとのことでした。HiCELは、学会活動を通じて、明日の社会を支える技術の進化を進めています。つながる時代には、「つながる人」が

今年も、エレクトロヒートシンポジウムに出展します!

今年も、エレクトロヒートシンポジウムに出展します!HiCELのメンバーがお待ちしています。ぜひお越しください!HiCELは、産官学交流会に積極的に出展!つながる時代には、「つながる人」が要る。だから、私は、東京都市大学 電気電子通信工学科。だから、私は、hiC

電気学会 電力・エネルギー部門誌 『雷・熱プラズマ・アーク技術の最新動向』特集号 への投稿に向け、HiCELのメンバーが、研究の棚卸をしています。

電気学会 電力・エネルギー部門誌 『雷・熱プラズマ・アーク技術の最新動向』特集号 への投稿に向け、HiCELのメンバーが、研究の棚卸をしています。現在、真栄田先輩(博士1年)、岩田先輩(修士2年)、根本先輩(修士1年)、松本君(学部4年)他が、現在、投稿の準備をしています。締切は、8月31日

International Workshop on High Voltage Engineering – IWHV 2018 – (電気学会 放電・ 開閉保護・高電圧 研究会 in 東北大学 青葉山キャンパス) のアブストラクトを提出、現在、投稿に向け、実験や計算を行っています。

International Workshop on High Voltage Engineering – IWHV 2018 – (電気学会 放電・開閉保護・高電圧 研究会 in 東北大学 青葉山キャンパス) のアブストラクトを提出、現在、投稿に向け、実験や計算を行っています。今回、アブ

平成30年度 大学電気系教員協議会 総会および大学電気工学教育研究集会 が、東京都市大学 世田谷キャンパスにて、開催されました。

平成30年度 大学電気系教員協議会 総会および大学電気工学教育研究集会 が、東京都市大学 世田谷キャンパスにて、開催されました。本年度の本イベントの幹事校は、東京都市大学 工学部 電気電子工学科 でした。HiCELは、写真撮影、報告書の作成などの協力をしました。つながる時代に

【無料 公開 開始!】岩尾先生が、電気総合誌OHMの電気学会の座談会記事「会報,論文発表だけじゃない!学会活動の意義とメリット」に掲載されました。この記事を、(株)オーム社のご厚意により,無料でご覧いただけるようになりました!

【無料 公開 開始!】岩尾先生が、電気総合誌OHMの電気学会の座談会記事「会報,論文発表だけじゃない!学会活動の意義とメリット」に掲載されました。この記事を、(株)オーム社のご厚意により,無料でご覧いただけるようになりました!以下のリンクをご覧ください!→ http://www.iee.jp

東京都市大学 HiCEL LiVE (33) 電気学会 放電・静止器・開閉保護 合同研究会 in 金沢 2018 の反省会 と ドーミーイン金沢からコンビニまで。夜鳴き ラーメン付き。

東京都市大学 HiCEL LiVE (33) 電気学会 放電・静止器・開閉保護 合同研究会 in 金沢 2018 の反省会 と ドーミーイン金沢からコンビニまで。夜鳴き ラーメン付き。HiCELは、YouTube を通じて、「HiCELの今」を皆様にお伝えする取り組みを強化しています。

岩尾先生が、電気学会 電力・エネルギー部門大会 第3回実行委員会 in 徳島大学 に出席しました。

岩尾先生が、電気学会 電力・エネルギー部門大会 第3回実行委員会 in 徳島大学 に出席しました。9月に行われる電気学会 電力・エネルギー部門大会に向け、準備万端とのことでした。HiCELは、学会活動を通じて、日本の技術力の向上と若い才能の芽を育てる取り組みをしています。だか

岩尾先生、石川先輩(修士2年)、田代君(学部4年)が、国立科学博物館で開催された、電気学会東京支部が企画している 2018夏休みサイエンススクエア「はてな?なるほど!電気ゼミナール」の運営に携わりました。

岩尾先生、石川先輩(修士2年)、田代君(学部4年)が、国立科学博物館で開催された、電気学会東京支部が企画している 2018夏休みサイエンススクエア「はてな?なるほど!電気ゼミナール」の運営に携わりました。おかげさまで、満席 満員御礼でした。HiCELは、才能の芽を育てる取り組みを強化

電気学会 高校生懸賞論文コンテスト 論文募集中です!

電気学会 高校生懸賞論文コンテスト 論文募集中です!→ http://www.iee.jp/pes/?page_id=2260HiCELは、電気学会 電力・エネルギー部門が主催している「高校生懸賞論文コンテスト」を通じて、若い才能の芽を育ている取り組みを強化しています。だから

岩田先輩(修士2年)が、東京ビックサイトで開催中の「オフィス 防災 EXPO」の見学をしました。

岩田先輩(修士2年)が、東京ビックサイトで開催中の「オフィス 防災 EXPO」の見学をしました。HiCELは、あらゆる分野にアンテナを張り、研究に必要な知見をどん欲に得ながら、明日の未来を創る研究開発を進めています。だから、私は、東京都市大学 電気電子通信工学科。だから、私は

TOP