後輩に薦めたい大学 No.1 を目指して - 受験生応援プロジェクト

鈴木君(学部4年)、杉山君(学部4年)が、電気学会 放電・静止器・開閉保護 合同研究会 の 英語セッションでの口頭発表のため、ドライ(練習発表会)を行いました。

国際会議




鈴木君(学部4年)、杉山君(学部4年)が、電気学会 放電・静止器・開閉保護 合同研究会 の 英語セッションでの口頭発表のため、ドライ(練習発表会)を行いました。

鈴木君も杉山君も、2年生の時に、本学オーストラリアプログラム(留学プログラム)に参加しました。このため、学部4年生ではありますが、今回、英語による口頭発表という機会に、自ら名乗り出て、挑戦しています。初めての学会発表が、英語の口頭発表ですが、一生懸命がんばっています。皆さん!温かい目で見て、応援してください!

HiCELは、「たとえ失敗しても、その経験が、次の自分を創り出す」、をモットーに、チャンスを自ら掴み、成長させていきます。

だから、私は、東京都市大学 電気電子通信工学科。

だから、私は、HiCELが好き。

国際会議学会
岩尾 徹のSNS
東京都市大学 理工学部 電気電子通信工学科 大電流エネルギー研究室 HiCEL Blog
タイトルとURLをコピーしました