後輩に薦めたい大学 No.1 を目指して - 受験生応援プロジェクト

松本君(学部4年)が、テスラコイルの新しい電源回路を用いて、放電のテストを繰り返しています。

実験室




松本君(学部4年)が、テスラコイルの新しい電源回路を用いて、放電のテストを繰り返しています。

放電は出るのですが、回路の発熱が抑えられないようです。冷却で解決するのは簡単なのですが、もしかしたら、余計な回路を組み込み、異常な電流が流れているかもしれません。現在、回路全体の見直しています。

HiCELは、電気電子工学科の強みを活かし、パワーエレクトロニクスを駆使し、放電プラズマ現象を電源側からも制御する取り組みを強化しています。

そう。HiCELの学生は、高電圧も、大電流も、そして、パワーエレクトロニクスにも、強い。

だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。

だから、私は、HiCELが好き。

実験室
岩尾 徹のSNS
東京都市大学 理工学部 電気電子通信工学科 大電流エネルギー研究室 HiCEL Blog
タイトルとURLをコピーしました