計算班

松本君(学部3年)が、福岡先輩(修士2年)の指導の下、MATLAB/Simulink を駆使した、「近距離送電線事故遮断条件の決定に向けたアークモデルを考慮した一機無限大母線系統の過渡解析」の研究の引継ぎを開始しました!

松本君(学部3年)が、福岡先輩(修士2年)の指導の下、MATLAB/Simulink を駆使した、「近距離送電線事故遮断条件の決定に向けたアークモデルを考慮した一機無限大母線系統の過渡解析」に関する研究の引継ぎを開始しました!

HiCELは、実験もシミュレーションも。様々な角度から現象をとらえ、問題発見をし、自ら問題解決へ導く。そして、次につながる創造力を養っていきます。

だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。

だから、私は、HiCELが好き。

関連記事

TOP