真空班

カナシロ君(学部3年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使した「真空アーク陰極点の逆行運動に関する研究」に着手しました。

カナシロ君(学部3年)が、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使した「真空アーク陰極点の逆行運動に関する研究」に着手しました。

本研究は、山本先輩の博士論文で得られた知見を、更に飛躍させる研究です。

HiCELは、100年以上にわたり脈々と続く「アーク現象」に関する、日本を代表する研究室です。

関連記事

TOP