東京都市大学 大学院 社会人プログラム 「ことづくりマネージメント」 入学願書 締め切り迫る!

岩﨑君(学部4年)、タングステン磨きで、男を磨き中です!

実験室

岩﨑君(学部4年)、タングステン磨きで、男を磨き中です!

HiCELは、予備実験、仮説とモデルの立案、それに基づく実験方案の立案、実験準備、実験(帰納法)、仮説とモデルへの振り返り、実験(演繹法)、仮説とモデルへの振り返りを丁寧に繰り返します。もちろん、不確かさも十分にケア。そして、満足いく結果を得てから、検討考察に進みます。検討考察を進めながら、再実験と追実験を繰り替えし、再現性にも十分気を使いながら、現象の一般化、定式化、法則化、概念化に進めていきます。

HiCELの自慢は、複合的な問題を、自らの力で、課題発見、課題解決、そして、独自性と創造性がある解を導き出すこと。これからの社会を支え、社会を変える人間を育てています。

タイトルとURLをコピーしました