後輩に薦めたい大学 No.1 を目指して - 受験生応援プロジェクト

学部・大学院一貫教育プログラム に、HiCELの新卒論生 8名が全員登録! 学部3年から卒業研究を開始しました!

大学教育の質的転換




学部・大学院一貫教育プログラム に、HiCELの新卒論生 8名が全員登録! 学部3年から卒業研究を開始しました!

今年度の3年生から運用が開始された、都市大の「学部・大学院一貫教育プログラム」に、HiCELの新卒論生 8名(加藤君、カナシロ君、須貝君、杉山君、鈴木君、竹内君、堀場君、松本君) が全員登録! 学部3年より卒業研究を開始しました!

この学部・大学院一貫教育プログラムに登録すると、3年後期から、大学院の授業を先行履修することができます。全員、3年第4Q「大学院 電気回路特論(担当: 岩尾)」の先行履修登録をしました。

また、3年のうちに所定の成果を上げ、学科や専攻が優れた学生と認めることで、学部4年の4月に「5年コース」の登録ができます。このコースに乗り、かつ、所定の研究成果を得ることで、修士の早期修了(修士1年で修了をすること)ができます。

もちろん、この道のりは険しいですが、しかし、やる気と実力次第で、どんどん前に進むことができる制度です。

ちなみに、岩尾先生は、修士を1年、博士を2年で修了していますので、修士課程と博士課程の合計2回の早期修了をしています。このため、大学院は合計3年間で修了され、博士(工学)の学位を修得しました。

HiCELには、先輩方の輝かしい実績、並びに、岩尾先生が受賞された数多くの賞状や、博士や修士や学士の学位記が飾られており、岩尾先生ができたんだから「俺でも私でもできる!(はず)」と、自ら励まし、皆で勇気づけ合い、学生が一体となって前進しています。

写真は、早速開催されている、シミュレーション手法開発班と溶接班の合同ゼミ。OJTから、Fortranの使い方、図表の作成方法など、論文執筆に必要不可欠なスキルの指導を受けています。OJTからの丁寧な指導も、HiCELの自慢です!

HiCELは、学部3年から、卒業研究を開始!若い才能の芽を育てる取り組みを強化しています。

タイトルとURLをコピーしました