実験室

電流の校正: 電流プローブとシャント抵抗よる大電流測定

本日も、レールガンの実験、順調です!

今日は、電圧と電流の校正を行いました。特に、ホール素子の電流プローブで得られた値の検証のために、500 A = 50 mVのシャント抵抗も使いました。写真は、宙づり状態のシャント抵抗です。

問題なく、校正をすることができました。

最近、レールガンも順調で、100発100中です。

1つ1つのデータも大切に検証する。
HiCELは、今日も、計測を大切にしながら、実験を行っています。

関連記事

TOP