実験室

真空アークによる表面処理の高度化のため、実験装置の改造について討論を進めています!

真空アークによる表面処理の高度化のため、実験装置の改造について討論を進めています!

写真は、磁界印加のタイミングを検討している、金田先輩(修士2年)と竹田さん(学部4年)です。

HiCELは、明るく、楽しく、着実に研究を進め、成果を出して行きます。

関連記事

TOP