東京都市大学 大学院 社会人プログラム 「ことづくりマネージメント」 入学願書 締め切り迫る!

真栄田先輩(修士2年)、岩田先輩(修士1年)が、数値流体力学 (Computational Fluid Dynamics; CFD) 可視化ソフトウェアであるTecplotを使って、3次元電磁熱流体シミュレーションの結果を考察しています。

日常生活

真栄田先輩(修士2年)、岩田先輩(修士1年)が、数値流体力学 (Computational Fluid Dynamics; CFD) 可視化ソフトウェアであるTecplotを使って、3次元電磁熱流体シミュレーションの結果を考察しています。

現在、鉄道関連の研究 「トロリ線とパンタグラフすり板間で発生するアーク放電現象の解明」や、電力用遮断器の研究「遮断器の高度化」のため、HiCELオリジナルの3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使し、プロジェクトを進めています。

HiCELは、結果が出る研究ではなく、結果が出なくても勇気を出してチャレンジしていく研究へ。HiCEL 2017は、他の研究機関ではできない、クリエイティブな集団となり、プロジェクトを前進させています。

タイトルとURLをコピーしました