実験室

電気電子工学科 高電圧実験室に、交流高電圧発生装置が搬入されました!

電気電子工学科 高電圧実験室に、交流高電圧発生装置が搬入されました!

本装置は、来年度4月からリニューアルされる、電気電子工学科 3年前期「電気電子応用実験」と3年後期「事例研究」における高電圧実験のテーマの一環として、導入されました。

来年度の高電圧実験では、交流高電圧発生装置を用いた液中放電や沿面放電、低気圧における絶縁破壊、インパルス電圧発生装置を用いた絶縁破壊(来年度中に導入予定)、磁気駆動アーク(レールガン)、テスラコイルの実験を行う予定です。

HiCELは、電気主任技術者の認定校としてふさわしい実験設備を使い、電気主任技術者の認定校としてふさわしい教育を推進するため、日々、高電圧と大電流の技術を磨いています。

関連記事

TOP