日常生活

「マジカル☆サイエンスショー 2017」 が本学Webに紹介されました!

「マジカル☆サイエンスショー 2017」 が本学Webに紹介されました!

こちらをご覧ください!

HiCELは、私たちの活動を社会へ積極的に啓発し、若い才能の芽を育てていきます。

 

— 以下、引用 —

マジカル☆サイエンスショーを二子玉川夢キャンパスにて開催しました

 

2017年2月25日(土)、世田谷区教育委員会が主催する「才能の芽を育てる体験学習」が、二子玉川夢キャンパスにて開催されました。

本講座は、区立小学校の4・5・6年生を対象に、子どもたちが自らの才能を育み、興味関心を深めるきっかけづくりを目的とし、本学は2006年に同教育委員会からの委託を受けて、年4回実施しています。

この日、講師を務めたのは、工学部電気電子工学科(大電流エネルギー研究室)の岩尾徹准教授と同研究室の学生たち。まず、岩尾准教授より「今日は、電気と磁石を使ったマジックショーをみなさんに体験してもらいたいと思います」という挨拶で、本講座がスタートしました。

参加した子どもたちは、鉄粉入りのスライムを作ってその動きを楽しむ「砂鉄スライム」、丸めたアルミホイルでコップを満たし、電磁波の力で明かりが点く「コヒーラスイッチ」、電池と磁石だけで銅線を回転させる「単極モータ」、高周波の高電圧を発生させることで蛍光灯を発光させる「テスラコイル」、アルミと備長炭を使って電池を作る「備長炭電池」の計5ブースでの実験を体験しました。

子どもたちは、普段何気なく使っている電気や磁石を、自分たちの手で動かして体験することにより、少しでも理科に興味を持ってくれたのではないでしょうか。

本学では、これからも若い才能の芽を育てる活動に、積極的に取り組んで参ります。

 

■関連リンク

工学部電気電子工学科詳細ページ

工学部電気電子工学科オリジナルサイト

工学部電気電子工学科大電流エネルギー研究室

 

 


冒頭で挨拶する岩尾徹准教授


「テスラコイル」実験で蛍光灯を光らせる子どもたち


「砂鉄スライム」実験の様子

子どもたちに丁寧に説明する学生


学生と一緒に実験を行う子どもたち


備長炭電池でちゃんとメロディーは流れたかな?

関連記事

【HiCEL サンデーズ】 魔法の言葉「締切の数だけ、強くなれる!」 本日締切の論文9本(うち、英語6本)を無事に提出しました! 電気学会 放電/静止器/開閉保護 合同研究会「アークプラズマ・電気接点とその応用」(金沢大学)向けの研究会論文の投稿を、犬塚先輩(修士1年)、椎野先輩(修士1年)、高橋有沙 先輩(修士1年)、高橋広樹 先輩(修士1年)、真栄田 先輩(修士1年)、石井さん(学部4年)がしました! また、GD 2016(21st International Conference on Gas Discharges and Their Applications)向けの国際会議論文の投稿を、岩尾先生、佐藤先輩(修士2年)、田中先輩(修士2年)がしました。

TOP