東京都市大学 大学院 社会人プログラム 「ことづくりマネージメント」 入学願書 締め切り迫る!
若い学生たちの将来のために。この国の明るい未来のために。
「ひらめき、こと、もの、くらし、ひと」をICT、AI、ビックデータ、ブロックチェーンでつなぎながら、大規模電源と再生可能エネルギーを共存させる電力流通(送配電・変電)を実現するため、画期的なエネルギーデジタルトランスフォーメーション(EDX)技術を用いて、大都市の暮らしを支えるソリューションを提供していきます。

An epoch-making energy digital transformation technology with the power distribution with the coexist large-scale power sources and renewable energy under consideration of inspiration, koto, things, living and people zukuri with ICT, AI, big data and block chain has been researched. We provide the solutions that support the lives of big cities.

大電流エネルギーDX研究室

研究室公開用 放電プラズマ実験の準備をしました

実験室

本日は、研究室公開用 放電プラズマ実験の準備をしました。

7/6(月)に、JST「日本・アジア青少年サイエンス交流事業*」として、本学に来訪されているインド・サストラ大学の学生の皆さんが、研究室に来訪されます。この御訪問にあわせ、放電プラズマ実験を行うことになりました。今日は、その準備を、実験Gr.の大気圧班が行いました。

今回は、レールガン、テスラコイル、ヤコブの梯子の実験を行います。

ちなみに、レールガンはガリレオ1の9話か10話の栗林さんがレールを磨いているシーンで使われています。栗林さんが湯川先生のことを想う大切なシーンです。また、テスラコイルは、ガリレオXXで「外部からの刺激」という、大事なキーワードを引き出す道具として使われています。さらに、中央後方にある、銀色の物体(チャンバー)は、ガリレオΦの最後の締めのシーンで、湯川先生の実験に使われています。

無事、予備実験も成功しました!
インド・サストラ大学の学生の皆さんにお会いするのが楽しみです!

*JST「日本・アジア青少年サイエンス交流事業」: 国立研究開発法人 科学技術振興機構の、未来を担うアジアと日本の青少年が科学技術の分野で交流を深めることを目的とした事業

タイトルとURLをコピーしました