合宿

仮配属生(3年生)の研究テーマが決定しました!

仮配属生(3年生)の研究テーマが決定しました!

岩尾先生と仮配属生(3年生)との間で、複数回にわたる面談や雑談を繰り返し、この度、決定しました。決定には、本人の希望職種や業界、どのような人間になりたいか、大学院の進学希望の有無、本人のテーマの希望、本人の特長などを総合的に判断しています。

具体的には、以下の通りです。

放射(計算) 「浅野」 川﨑 一輝
溶接(計算) 「田中」 小久保翔太
真空(実験) 「金田」 竹田悠莉子
溶接(計算) 「真栄田」 西澤翔也
真空(計算) 「岩田」 根本雄介
遮断器(計算) 「石川」 駒井優治
大気圧(実験) 「坐間、内藤、源通、岩本」 徳永梢吾

「 」は、当面のOJT 担当。

今後は、10/21(金)~10/23(日)に橋本で開催する「HiCEL 秋合宿」にて、研究テーマを理解し、卒論のタイトルを決定していくプロセスに移っていきます。

HiCELは、少しずつですが着実に。3年生後期の配属からすぐに卒業研究をスタートします。

関連記事

【HiCEL サタデーズ】 電気学会 基礎・材料・共通 部門大会(九州工業大学)に向けて、山本先輩(博士2年(岩田君代理発表(学部4年))),犬塚先輩(修士1年)、清水先輩(修士1年)、浅野君(学部4年)、大和君(学部4年)、石川君(学部4年)がアブストラクトを提出しました! ちなみに、現在、HiCELは、GD2016と放電・静止器・開閉保護 合同研究会 向けの論文対応をしており、ここ2週間で9本の論文作成(うち、英語6件)を行っています。ただ今、HiCEL内は、活気に満ちています!

TOP