東京都市大学 大学院 社会人プログラム 「ことづくりマネージメント」 入学願書 締め切り迫る!

電気学会 電力・エネルギー部門誌 9月号 『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集 に、山本先輩(博士課程2年)、岩尾先生、江原先生が執筆された「真空アーク陰極点の個数と電流密度が及ぼす酸化膜の蒸発速度」の論文が掲載されました!

学会

電気学会 電力・エネルギー部門誌 9月号 『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集 に、山本先輩(博士課程2年)、岩尾先生、江原先生が執筆された「真空アーク陰極点の個数と電流密度が及ぼす酸化膜の蒸発速度」の論文が掲載されました!

山本真司, 岩尾徹, 江原由泰, 真空アーク陰極点の個数と電流密度が及ぼす酸化膜の蒸発速度, 電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌) Vol. 136, No. 9 , pp. 755-760 (2016)

HiCELは、研究成果を積極的に世界へ発信!プラズマを社会への応用する技術開発をしています!

—–

Evaporation Rate Affected by Current Density and Number of Vacuum Arc Cathode Spot

Shinji Yamamoto, Toru Iwao, Yoshiyasu Ehara

A remarkable characteristic of a vacuum arc cathode spot, which can remove an oxide layer, is that it moves across the metal surface. However, the influence of current change to the parameter of the cathode spot on the boundary layer remains unclear. This study elucidated the split process and frequency in order to know the removal process of vacuum arc cathode spot with vapor from oxide layer. Experiments were conducted using an SS400 cathode and a cylindrical copper anode. A high-speed video camera recorded the cathode spot movement with ND (Neutral Density) filter. The obtained images were then analyzed using plasma image processing. As described herein, the number of cathode spots, split frequency, evaporation rate on the surface of boundary layer were measured with changing the current. As a result, the parameter of the cathode spot was normalized by the current density and number. In addition, the cathode spot have appropriate number and area for current continuity. In the case of mean number, the current density becomes the maximum. Moreover, the evaporation rate of oxide layer depends on the current density multiplied by number of cathode spot. However, the evaporation rate does not increase because the current per a cathode spot is very small when the number of cathode spots exceeds the mean number.

キーワード: 表面処理, 金属蒸気, 画像処理, 蒸発速度, 分裂

Keywords: surface treatment, metal vapor, image processing, evaporation rate, split

—–

(本特集号の概要)
岩尾先生が企画している 電気学会 電力・エネルギー部門誌『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集号、まもなく投稿締切です!

『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集

論文誌B(電力・エネルギー部門誌)では,平成 28 年 9 月号に「大電流高エネルギー技術の最新動向」特集を企画しています。 現在,大電流高エネルギー技術は,大電力輸送およびその制御に関連した技術から,強磁界,高温,高輝度発光などの高エネルギー密状態の生成など,電力エネルギー分野の基盤技術から最先端の科学研究や産業技術までの広い範囲にわたって極めて多様に活用されています。また,国際熱核融合実験炉(ITER)や超電導リニア新幹線の建設が推進されるなど,適用分野の拡大,並びに,その高機能化も進んでいます。

以上に鑑み,本特集号では,『大電流高エネルギー技術の最新動向』と題した特集号を企画し,最新動向に関して広く論文を募集します。

キーワード: 遮断器、発電機、超電導、ケーブル、雷、鉄道、リニア、核融合、加速器、計測、超強磁界、アーク、プラズマ、誘導加熱、パルスパワー、溶接、照明、廃棄物処理、限流器

○投稿締切 平成 27 年 8 月 31 日(月)
電子投稿・査読システムの「論文投稿」画面において,「大電流高エネルギー技術の最新動向」特集を選択してください。

○投稿方法 投稿は電子投稿・査読システムで受付けます。
電子投稿・査読システムの「論文投稿画面」で特集号テーマ「大電流高エネルギー技術の最新動向」を選択してください。
https://submit.iee.or.jp/main/cgi/sstk-top.cgi

○問合せ先 技術委員会名: 静止器技術委員会
担当者 :岩尾 徹(東京都市大学)
連絡先 :toruiwao@mem.iee.or.jp
〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 電気電子工学科
TEL:03-5707-0104
FAX:03-5707-2230

タイトルとURLをコピーしました