後輩に薦めたい大学 No.1 を目指して - 受験生応援プロジェクト

電気学会 電力・エネルギー部門誌 9月号 『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集 に、曽根先輩(2015年度修士卒: 東京電力)、光安先輩(2013年度修士卒: 東京電力)、山本先輩(博士課程2年)、岩尾先生が執筆された「器壁安定化アルゴンアークの演色性向上に及ぼす電流と器壁半径の寄与」の論文が掲載されました!

学会




電気学会 電力・エネルギー部門誌 9月号 『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集 に、曽根先輩(2015年度修士卒: 東京電力)、光安先輩(2013年度修士卒: 東京電力)、山本先輩(博士課程2年)、岩尾先生が執筆された「器壁安定化アルゴンアークの演色性向上に及ぼす電流と器壁半径の寄与」の論文が掲載されました!

曽根和貴, 光安枝里子, 山本真司, 岩尾徹, 器壁安定化アルゴンアークの演色性向上に及ぼす電流と器壁半径の寄与, 電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌) Vol. 136, No. 9 , pp. 761-767 (2016)

HiCELは、研究成果を積極的に世界へ発信!プラズマを社会への応用する技術開発をしています!

—–

Contribution to Improvement of Color Rendering on Wall-stabilized Argon Arc Affected by Current and Wall Radius

Kazuki Sone, Eriko Mitsuyasu, Shinji Yamamoto, Toru Iwao

For large-scale illumination necessary for emergency, a brightness and light color becomes the problem. The radiation emitted from the arc becomes very high intensity. Some researchers have researched the HID (High-Intensity Discharge) lamp which is one of the arc lamp with mixed metal vapor, and the line spectrum emitted from the metal vapor is used for improvement of color rendering spectrum. The broad spectrum emitted from continuous spectrum is needed for improvement of color rendering spectrum. Previous research has elucidated the spectrum control for the color rendering improvement of the argon arc mixed with scandium vapor. In addition, it is necessary to perform the calculation using the wall-stabilized arc at a uniform the contribution to the temperature distribution which the convection gives it to bell-shaped form in the gas flow-stabilized arc for the axial distance. Therefore, the model of the cope of radiation power and color rendering should be suggested. This research elucidates the contribution to improvement of color rendering on wall-stabilized argon arc affected by current and wall radius. The radiation power and color rendering increases because of temperature increment derived from the current increment (Joule’s heating). Thus, improvement of radiation power and color rendering with controlled by the current and wall radius because of the temperature distribution for significant temperature effect on wall-stabilized argon arc.

キーワード: アークランプ, 器壁安定化アーク, 放射, 演色性, 大規模照明

Keywords: arc lamp, wall-stabilized arc, radiation, color rendering, large-scale lighting

—–

(本特集号の概要)
岩尾先生が企画している 電気学会 電力・エネルギー部門誌『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集号、まもなく投稿締切です!

『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集

論文誌B(電力・エネルギー部門誌)では,平成 28 年 9 月号に「大電流高エネルギー技術の最新動向」特集を企画しています。 現在,大電流高エネルギー技術は,大電力輸送およびその制御に関連した技術から,強磁界,高温,高輝度発光などの高エネルギー密状態の生成など,電力エネルギー分野の基盤技術から最先端の科学研究や産業技術までの広い範囲にわたって極めて多様に活用されています。また,国際熱核融合実験炉(ITER)や超電導リニア新幹線の建設が推進されるなど,適用分野の拡大,並びに,その高機能化も進んでいます。

以上に鑑み,本特集号では,『大電流高エネルギー技術の最新動向』と題した特集号を企画し,最新動向に関して広く論文を募集します。

キーワード: 遮断器、発電機、超電導、ケーブル、雷、鉄道、リニア、核融合、加速器、計測、超強磁界、アーク、プラズマ、誘導加熱、パルスパワー、溶接、照明、廃棄物処理、限流器

○投稿締切 平成 27 年 8 月 31 日(月)
電子投稿・査読システムの「論文投稿」画面において,「大電流高エネルギー技術の最新動向」特集を選択してください。

○投稿方法 投稿は電子投稿・査読システムで受付けます。
電子投稿・査読システムの「論文投稿画面」で特集号テーマ「大電流高エネルギー技術の最新動向」を選択してください。
https://submit.iee.or.jp/main/cgi/sstk-top.cgi

○問合せ先 技術委員会名: 静止器技術委員会
担当者 :岩尾 徹(東京都市大学)
連絡先 :toruiwao@mem.iee.or.jp
〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 電気電子工学科
TEL:03-5707-0104
FAX:03-5707-2230

学会岩尾先生論文誌掲載
東京都市大学 理工学部 電気電子通信工学科 大電流エネルギー研究室 HiCEL Blog
タイトルとURLをコピーしました