後輩に薦めたい大学 No.1 を目指して - 受験生応援プロジェクト

【HiCEL サンデーズ】 魔法の言葉「締切の数だけ、強くなれる!」 本日締切の論文9本(うち、英語6本)を無事に提出しました! 電気学会 放電/静止器/開閉保護 合同研究会「アークプラズマ・電気接点とその応用」(金沢大学)向けの研究会論文の投稿を、犬塚先輩(修士1年)、椎野先輩(修士1年)、高橋有沙 先輩(修士1年)、高橋広樹 先輩(修士1年)、真栄田 先輩(修士1年)、石井さん(学部4年)がしました! また、GD 2016(21st International Conference on Gas Discharges and Their Applications)向けの国際会議論文の投稿を、岩尾先生、佐藤先輩(修士2年)、田中先輩(修士2年)がしました。

サンデーズ




【HiCEL サンデーズ】魔法の言葉「締切の数だけ、強くなれる!」 本日締切の論文9本(うち、英語6本)を無事に提出しました! 電気学会 放電/静止器/開閉保護 合同研究会「アークプラズマ・電気接点とその応用」(金沢大学)向けの研究会論文の投稿を、犬塚先輩(修士1年)、椎野先輩(修士1年)、高橋有沙 先輩(修士1年)、高橋広樹 先輩(修士1年)、真栄田 先輩(修士1年)、石井さん(学部4年)がしました! また、GD 2016(21st International Conference on Gas Discharges and Their Applications)向けの国際会議論文の投稿を、岩尾先生、佐藤先輩(修士2年)、田中先輩(修士2年)がしました。

今回は、英語での発表を、<電気学会 放電/静止器/開閉保護 合同研究会> 高橋有沙 先輩(修士1年)、真栄田 先輩(修士1年)、石井さん(学部4年)が、<GD 2016> 岩尾先生、佐藤先輩(修士2年)、田中先輩(修士2年)が行います。

発表論文は、以下の通りです。

<電気学会 放電/静止器/開閉保護 合同研究会>
◎椎野透, 石井葉子, 山本真司, 岩尾徹, 横磁界と横風が及ぼすアーク偏向距離の測定, ED-16-077, SA-16-040, SP-16-006

◎高橋広樹,岩尾徹,山本真司, パルスTIG溶接における電流増加率が及ぼす溶融池近傍の窒素濃度への寄与, ED-16-079, SA-16-042, SP-16-008

◎犬塚祐太郎, 大和嵩, 山本真司, 岩尾徹, 磁気駆動アークにおける外部磁界が及ぼすアーク移動速度への寄与, ED-16-080, SA-16-043, SP-16-009

◎Yoshifumi Maeda, Yuta Shimizu, Yuhi Asano, Kazuki Sone, Shinji Yamamoto, Toru Iwao, Radiation power Affected by Electric Field with Changing Wall Radius and Current with Wall-Stabilized Argon Arc, ED-16-082, SA-16-045, SP-16-011

◎Arisa Takahashi, Keita Ogura, Shiko Kaneda, Shinji Yamamoto, Toru Iwao, Voltage Fluctuation of Vacuum Arc Affected by Mixed Vapor from Oxide Layer, ED-16-083, SA-16-046, SP-16-012

◎Yoko Ishii, Toru Shiino, Shinji Yamamoto, Toru Iwao, Measurement of Arc Deflection Affected by Transverse AC Magnetic Field with Lateral Gas, ED-16-084, SA-16-047, SP-16-013

<GD 2016>
T. IWAO, Y. SHIMIZU, T. NAKAMURA, K. YANAGI, S. YAMAMOTO, RADIATION POWER OF WALL-STABILIZED ARC OF WATER-COOLED VORTEX TYPE WITH SMALL CALIBER

KEN SATO, DAICHI SUZUKI, SHINJI YAMAMOTO, TORU IWAO, TEMPERATURE AND CONDUCTANCE OF WALL STABILIZED ARC AS FUNCTION OF WALL RADIUS

T. TANAKA, Y. MAEDA, H. TAKAHASHI, S. YAMAMOTO, T. IWAO, CONTRIBUTION TO HEAT TRANSFER AFFECTED BY PEAK AND BASE TIME IN PULSED ARC

締切の数だけ、強くなれる! HiCELは、撤退の文字はありません。最後まであきらめず、次の10年の課題に挑み、研究を展開し、進み続けます。

タイトルとURLをコピーしました