後輩に薦めたい大学 No.1 を目指して - 受験生応援プロジェクト

電気学会 電力・エネルギー部門誌 9月号 『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集 に、曽根先輩(2015年度修士卒: 東京電力)、光安先輩(2013年度修士卒: 東京電力)、山本先輩(博士課程2年)、岩尾先生が執筆された「器壁安定化アルゴンアークの演色性向上に及ぼす電流と器壁半径の寄与」の論文が掲載されることになりました!

学会




電気学会 電力・エネルギー部門誌 9月号 『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集 に、曽根先輩(2015年度修士卒: 東京電力)、光安先輩(2013年度修士卒: 東京電力)、山本先輩(博士課程2年)、岩尾先生が執筆された「器壁安定化アルゴンアークの演色性向上に及ぼす電流と器壁半径の寄与」の論文が掲載されることになりました!

なお、電気学会 電力・エネルギー部門誌 9月号 『大電流高エネルギー技術の最新動向』特集 には、既に、山本先輩の「真空アーク陰極点の個数と電流密度が及ぼす酸化膜の蒸発速度」の論文の掲載が決定しています!したがって、2件目の快挙です! → http://hicel.org/?p=1592

HiCELは、研究成果を積極的に世界へ発信!プラズマを社会への応用する技術開発をしています!

—–

本論文の内容は、以下の通りです。

器壁安定化アルゴンアークの演色性向上に及ぼす電流と器壁半径の寄与を明らかにすることを目的とした論文である。本論文では,アーク形状を均一にし,物理現象を明らかにするために,器壁安定化アークに着目した。器壁安定化アークを用いて,電流と器壁半径が及ぼす放射パワーや演色性への寄与を明らかにし,その知見を活かすことは,アークランプに有用である。また,電流と器壁半径が放射パワーや演色性に及ぼす寄与を明らかにするため,電流と器壁半径を用いて定義される温度効果と体積効果について検討した。

—–

Contribution to Improvement of Color Rendering on Wall-stabilized Argon Arc Affected by Current and Wall Radius

Kazuki Sone, Eriko Mitsuyasu, Shinji Yamamoto, Toru Iwao

For large-scale illumination necessary for emergency, a brightness and light color becomes the problem. The radiation emitted from the arc becomes very high intensity. Some researchers have researched the HID (High-Intensity Discharge) lamp which is one of the arc lamp with mixed metal vapor, and the line spectrum emitted from the metal vapor is used for improvement of color rendering spectrum. The broad spectrum emitted from continuous spectrum is needed for improvement of color rendering spectrum. Previous research has elucidated the spectrum control for the color rendering improvement of the argon arc mixed with scandium vapor. In addition, it is necessary to perform the calculation using the wall-stabilized arc at a uniform the contribution to the temperature distribution which the convection gives it to bell-shaped form in the gas flow-stabilized arc for the axial distance. Therefore, the model of the cope of radiation power and color rendering should be suggested. This research elucidates the contribution to improvement of color rendering on wall-stabilized argon arc affected by current and wall radius. The radiation power and color rendering increases because of temperature increment derived from the current increment (Joule’s heating). Thus, improvement of radiation power and color rendering with controlled by the current and wall radius because of the temperature distribution for significant temperature effect on wall-stabilized argon arc.

キーワード:アークランプ,器壁安定化アーク,放射,演色性,大規模照明

Keywords: arc lamp, wall-stabilized arc, radiation, color rendering, large-scale lighting

タイトルとURLをコピーしました