学会

森下先輩(修士1年)が、電気学会 産業応用部門誌に投稿していた論文「溶融ブリッジの溶融蒸発とアークの発弧が及ぼすトロリ線の溶融量算出手法の開発」の掲載が決定しました!

森下さん(修士1年)が、電気学会 産業応用部門誌に投稿していた論文「溶融ブリッジの溶融蒸発とアークの発弧が及ぼすトロリ線の溶融量算出手法の開発」の掲載が決定しました!

Vol. 142    No. 5 に掲載される予定です。

HiCELは、私たちの成果を啓発する取り組みを強化しています。

関連記事

TOP