Engineering is so Cool

今年度も、3次元電磁熱流体シミュレーション向けの超高速コンピュータを、10台以上導入することになりました。

今年度も、3次元電磁熱流体シミュレーション向けの超高速コンピュータを、10台以上導入することになりました。

現状、30台以上の構成のコンピュータが常時稼働していますが、さらに、多くのシミュレーションを行うために、台数を増やすことになりました。

HiCELは、「もの」を一人ぼっちにしない!をモットーに、新しい価値を生み出すアーバン・デジタル・トランスフォーメーションを実現させる取り組みを強化しています。

関連記事

TOP