東京都市大学 大学院 社会人プログラム 「ことづくりマネージメント」 入学願書 締め切り迫る!
若い学生たちの将来のために。この国の明るい未来のために。
「ひらめき、こと、もの、くらし、ひと」をICT、AI、ビックデータ、ブロックチェーンでつなぎながら、大規模電源と再生可能エネルギーを共存させる電力流通(送配電・変電)を実現するため、画期的なエネルギーデジタルトランスフォーメーション(EDX)技術を用いて、大都市の暮らしを支えるソリューションを提供していきます。

An epoch-making energy digital transformation technology with the power distribution with the coexist large-scale power sources and renewable energy under consideration of inspiration, koto, things, living and people zukuri with ICT, AI, big data and block chain has been researched. We provide the solutions that support the lives of big cities.

大電流エネルギーDX研究室

東京都市大学 新棟「(仮称)B棟」の起工式を挙行しました!

Engineering is so Cool

東京都市大学 新棟「(仮称)B棟」の起工式を挙行しました!

HiCELは、新棟に移転する予定です。

2021年2月25日(木)、本学世田谷キャンパスにて「(仮称)東京都市大学B棟」の起工式を執り行いました。

2023年度に竣工予定のB棟は、本学の創立100周年(2029年)に向けた中長期計画「アクションプラン2030」の一環として、現在建設中の「(仮称)A棟」と合わせ、世田谷キャンパスにおける敷地面積の約3分の1をリニューアルする「東京都市大学キャンパス再整備事業」として建設するものです。

当日は、高橋理事長、三木学長をはじめとする本学関係者および設計、施工関係者の約30名が参列し、穏やかな冬晴れのもと、工事の無事と安全を祈願しました。

本学では、B棟を理工学系の教育研究における最重要施設と位置付け、武蔵工業大学時代から受け継ぐ「専門的実践教育」の伝統のもと、新たな時代の要請である、複数の専攻分野を横断した教育課程を実現するため、学問領域間の交流と相互刺激を促す「オープン化」をテーマに、課題解決型の新研究ゾーンに大きなスペースを当てるなど、時代に先駆けた教育研究施設とすることを目指しています。

本学は、今後も教育研究環境の一層の充実をはかるとともに、防災・交流面における拠点機能も強化し、地域社会と共生して参ります。

HiCELは、日々、新しく進化する東京都市大学を誇りに、研究活動を進めています。

タイトルとURLをコピーしました