東京都市大学 大学院 社会人プログラム 「ことづくりマネージメント」 入学願書 締め切り迫る!
若い学生たちの将来のために。この国の明るい未来のために。
「ひらめき、こと、もの、くらし、ひと」をICT、AI、ビックデータ、ブロックチェーンでつなぎながら、大規模電源と再生可能エネルギーを共存させる電力流通(送配電・変電)を実現するため、画期的なエネルギーデジタルトランスフォーメーション(EDX)技術を用いて、大都市の暮らしを支えるソリューションを提供していきます。

An epoch-making energy digital transformation technology with the power distribution with the coexist large-scale power sources and renewable energy under consideration of inspiration, koto, things, living and people zukuri with ICT, AI, big data and block chain has been researched. We provide the solutions that support the lives of big cities.

大電流エネルギーDX研究室

「マジカル☆サイエンスショー」 が本学Webに紹介されました!

実験室

「マジカル☆サイエンスショー」 が本学Webに紹介されました!

こちらをご覧ください!

HiCELは、私たちの活動を社会へ積極的に啓発し、若い才能の芽を育てていきます。

 

— 以下、引用 —

世田谷区教育委員会が主催する「才能の芽を育てる体験学習」を本学・二子玉川夢キャンパスで開催しました。

20160305 052

2016年3月5日(土)、世田谷区教育委員会が主催する「才能の芽を育てる体験学習」(講師:工学部電気電子工学科・岩尾徹准教授)を、本学・二子玉川夢キャンパスにて開催しました。

本講座は、区立小学校の5・6年生を対象に、子供たちが自らの才能を育み、興味関心を深めるきっかけづくりを目的とし、本学は2006年に同教育委員会からの委託を受けて、年4回実施しています。

冒頭で、工学部電気電子工学科・岩尾徹准教授より、今回は、マジカル☆サイエンスショー ~電気と磁石の魔法で、奇跡を起こそう!をテーマに、「不思議な体験やワクワクした体験をしてもらい、どうしてだろう?なぜだろう?と色々考えながら、本日は過ごしてもらいたいと思います」との挨拶で始まりました。

参加した子どもたち34名は、磁石の見えない力で鉄球が加速する「ガウス加速器」、電気と磁石の力で明かりが点く「コヒーラスイッチ」や見えない電気と磁石の力で蛍光灯が光る「テスラコイル」など、合計6つのブースに分かれ、学生スタッフに電気や磁石、放電を用いた電気の魅力と不思議さを教わりました。

終始会場からは「わぁすごい!」「えぇ、どうして?」「なるほど!!」など、子どもたちの関心の声をたくさん聴くことができ、本講座は大盛況のうちに終了しました。

なお、当日の模様は、「FMせたがや」の番組内で放送されます。詳細は、以下をご覧下さい。

ラジオ局FMせたがや
番組名せたがやスクール・クルーズ
放送予定日4月15日(金)
4月22日(金)※
※再放送
放送時間12:45~13:00
周波数83.4MHz(メガヘルツ)

本学では、今後も、子どもたちの才能の芽を育てる取り組みを、積極的に展開して参ります。

 

20160305 009

工学部電気電子工学科・岩尾徹准教授

20160305 042

電気と磁石について学ぶ子どもたち

20160305 017 

学生スタッフの説明に耳を傾ける子どもたち

タイトルとURLをコピーしました