東京都市大学 大学院 社会人プログラム 「ことづくりマネージメント」 入学願書 締め切り迫る!

任先輩(博士1年)の論文が、 電気学会 共通英文誌 IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE) に掲載されました!

blankEngineering is so Cool

任先輩(博士1年)の論文が、 電気学会 共通英文誌 IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE) に掲載されました!

Zhenwei Ren, Shota Kokubo, Yoshifumi Maeda, Shinji Yamamoto, Toru Iwao, Three-Dimensional Electromagnetic Thermal Fluid Simulation of Restrike Phenomenon in Magnetic Driven Arc Between Parallel Electrodes with Edges

IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE)

Volume15, Issue5, May 2020, Pages 789-795

blank
Error - Cookies Turned Off
blank
Three‐dimensional electromagnetic thermal fluid simulation of re‐strike phenomenon in magnetically driven arc between parallel electrodes with edges
A magnetically driven arc does not advance smoothly between parallel electrodes with edges. The anode spot stagnates on the anode surface when the arc column an...

Abstract
A magnetically driven arc does not advance smoothly between parallel electrodes with edges. The anode spot stagnates on the anode surface when the arc column and cathode spot move forward. According to experimental results, when the arc column moves closer to the anode surface, or a high‐temperature gas comes into contact with the anode, a new anode spot appears and electrical breakdown occurs. Meanwhile, the original anode spot disappears. It is well known as the re‐strike phenomenon. Also, it can be observed using a bandpass filter (520 nm) that a large amount of Cu vapor is generated whenever a new anode spot appears. Because the Cu vapor considerably increases the arc’s radiative emission and has a dissimilar effect on the gas’s electrical conductivity at different concentrations, a three‐dimensional electromagnetic thermal fluid simulation program that considers the metal vapor from the electrodes is proposed in this paper. Based on the experimental figures, it is able to simulate the re‐strike process by controlling the electrical conductivity of the control volume at the anode surface. In addition, the physical properties of the arc plasma, the original anode spot area, and the re‐strike point area are analyzed, in order to elucidate the occurrence conditions of the re‐strike phenomenon. The results show that the arc form is affected by the electrode jets, which leads to an increase in the electric field density between the re‐strike point and the arc column, thereby causing the re‐strike phenomenon to occur. © 2020 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by John Wiley & Sons, Inc.

HiCELは、積極的に私たちの成果を世界に発信する取り組みを強化しています。

私たちが、社会を変革していく力になる。

「つながる時代には、つなげる人が要る」

電気 × 電子 × 通信 を駆使して、未来をつなげる人になる。

元気があれば何でもできる。電気があれば何でもできる。

これからの社会を変革していくためには、「ものづくり」と「ことづくり」の考え方が重要です。また、新しい時代を切り拓くためには、アイデアを実現するチカラが必要です。社会変革のリーダーになるための考え方とチカラの身につけ方を学びます。

東京都市大学は、「工業教育の理想」を求める学生達が中心となり、「学びたい」という学生の熱い思いを基に、学生自ら、支援者、先生、校地、校舎を探し求めたことによって創設された、世界に類をみない、学生の熱意が創りあげたユニークな大学です。

学生自らの手で、企画運営をし、学生自らのために、みんなで勉強し合う。

みんなで一緒に協働しながら、プロジェクトを進めていく。自分が成長できる環境が整っているのも、東京都市大学、そして、電気電子通信工学科の魅力です。

いよいよ、今春、東京都市大学 電気電子通信工学科 の歴史が、始まる。

HiCEL は、課題を発見し、創意工夫をしながら、課題を解決していく力を養い、仲間と協働しながら、有効な施策を立て実行し、社会を変えていく。

そんな魅力的な「社会変革のリーダー」を育てます。

人の上に立つのではなく、人の前に出る人間に。

元気があれば、なんでもできる。
電気があれば、なんでもできる。
電気のちからを信じて。

建学の精神「公正・自由・自治」の下、「ボーダーを超えて、学生と教職員が共に考え、学び、行動する」という教育理念を基に。

意外と、都市大も、いいんじゃない?
主体性と自律。自分が成長できる環境が自慢です。
後輩に薦めたい大学 No.1 を目指して。

つながる時代には、「つなげる人」が要る。

だから、私は、東京都市大学 電気電子通信工学科。
だから、私は、HiCELが好き。

タイトルとURLをコピーしました