岩尾先生

横浜清風高等学校にて、進路ガイダンスの一環として、「かめはめ波を科学する!」と題した、大学模擬講義を行いました!

横浜清風高等学校にて、進路ガイダンスの一環として、「かめはめ波を科学する!」と題した、大学模擬講義を行いました!

今回、78名の生徒さんに向けた授業を行うということで、実験の動画をクリアな音声で紹介するため、新たにワイヤレススピーカー(SONY SRS-XB12)を導入しました。

大学のスピーカーで行う時に低音がこもってしまい、人の音声が聞き取れないときがありました。オープンキャンパスの時も良くなかったのですが、この重低音スピーカーであれば、人の低い声もクリアに聞こえますし、離れた場所や後方でも音を出すことができますので、模擬講義だけでなく、普段の授業(2つは必要ですね)や、実験時、危険のため離れた場所でのデータ収録でも活用できそうです。

HiCELは、若い才能の芽を育てる取り組みを強化しています。

関連記事

TOP