実験室

水漏れ、並びに、水循環機構の不具合により、水渦流型器壁安定化アーク発生実験を中止しました。

水漏れ、並びに、水循環機構の不具合により、水渦流型器壁安定化アーク発生実験を中止しました。

水漏れ部は、ホースの付け直しとホースバンドの締め直しにより、解決をしました。
しかし、水循環機構の不具合は、器壁内圧力の微妙な調整が必要のため、ノウハウが必要となります。1号機の時も、このノウハウの獲得に時間がかかりましたが、2号機は、さらにシビアになっています。

現在、解決に向けて、不具合の改善作業を続けています。

HiCELは、些細な不具合もそのままにしないことをモットーにしています。

関連記事

TOP