後輩に薦めたい大学 No.1 を目指して - 受験生応援プロジェクト

電気学会 事務局の 石橋さん、大変お世話になりました!

学会




電気学会 事務局の 石橋さん、大変お世話になりました!

岩尾先生より、下記の文章を頂きましたので、掲載します。


石橋さんとは、私が学部4年生の時に初めて学会事務局でお会いしましたので、20年以上、お付き合いさせていただきました。当時は、まだ論文がインターネットで投稿できなかった時代でしたので、稲葉先生の論文を締切ギリギリ?!に学会までお届けしたていたのを、昨日のように覚えています。

当初は、まだ、学部生でしたので、右も左もわからない状態でしたが、いろいろな御配慮と御指導をしていただきました。無理なお願いをばかりをさせて頂きましたが、いつも快くお引き受けくださりました。

そして、ここ数年は、新進会員活動委員会で、御一緒させていただき、大変楽しい時を過ごさせていただきました。

先日、たまたま会議で事務局をお伺いした際に、御定年のお話を聞きし、大変驚いたと同時に、今までの思い出が駆け巡りました。本当に、お世話になりっぱなしでした。ありがとうございました。

写真は、当日、一緒に撮っていただいたものになります。この写真と共に、本文章を当ブログに上げさせていただき、石橋さんとの思い出を、私の記憶と記録に残させて頂きます。

あらためまして、石橋さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。

今後も、学会を盛り上げていくように、様々な戦略と企画を立て、推進してまいります。

また、近いうちに、お話ができれば幸いです。

引き続き、お世話になりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

岩尾 徹


HiCELは、日本の科学技術の進化に向け、学会を起点に、前進し続けます。

東京都市大学は、「工業教育の理想」を求める学生達が中心となり、「学びたい」という学生の熱い思いを基に、学生自ら、支援者、先生、校地、校舎を探し求めたことによって創設された、世界に類をみない、学生の熱意が創りあげたユニークな大学です。

学生自らの手で、企画運営をし、学生自らのために、みんなで勉強し合う。

みんなで一緒に協働しながら、プロジェクトを進めていく。自分が成長できる環境が整っているのも、東京都市大学、そして、電気電子通信工学科の魅力です。

いよいよ、今春、東京都市大学 電気電子通信工学科 の歴史が、始まる。

HiCEL は、課題を発見し、創意工夫をしながら、課題を解決していく力を養い、仲間と協働しながら、有効な施策を立て実行し、社会を変えていく。

そんな魅力的な「社会変革のリーダー」を育てます。

人の上に立つのではなく、人の前に出る人間に。

元気があれば、なんでもできる。
電気があれば、なんでもできる。
電気のちからを信じて。

建学の精神「公正・自由・自治」の下、「ボーダーを超えて、学生と教職員が共に考え、学び、行動する」という教育理念を基に。

意外と、都市大も、いいんじゃない?
主体性と自律。自分が成長できる環境が自慢です。
後輩に薦めたい大学 No.1 を目指して。

つながる時代には、「つなげる人」が要る。

だから、私は、東京都市大学 電気電子通信工学科。
だから、私は、HiCELが好き。

学会岩尾先生
岩尾 徹のSNS
東京都市大学 工学部 電気電子通信工学科 大電流エネルギー研究室 HiCEL Blog
タイトルとURLをコピーしました