【感情のコントロール】 指揮官たるもの、何があっても、堂々と振る舞うこと。何事にも迷わず、鈍感力を発揮し、根拠ない自信を持ち、自分を信じ、仲間を信じること。負ける時のほとんどは、自滅が原因だからさ。

杉山君(学部3年)と松本君(学部3年)が、新しいテスラコイルを製作するため、モノタロウで部材の発注をしました。




だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。だから、私は、HiCEL が好き。

HiCELは、夢に向かってがんばる受験生を応援します!

4月に、東京都市大学 電気電子工学科で、お待ちしています!

自分が主役になり、テスラコイルもレールガンも、「ひらめき」を信じ研究しています!

HiCELのメンバーである、杉山君(学部3年)と松本君(学部3年)が、新しいテスラコイルを製作するため、モノタロウで部材の発注をしました。

HiCELでは、研究室に配属される3年生後期から4年生の前期までは、先輩方の技術を学び(盗み)、改良、自分のアイデアを発揮しながら、発展させていきます。そして、4年後期から修士課程、並びに、博士課程では、自分の「ひらめき」を信じ、自ら仮説を立て、プロジェクトを遂行。仮説を実証、一般化、定式化していく、そんな取り組みをしています。

だから、学部3年生でも、もうお客さんではありません。自分が本気になり、主役となり、先輩や同期を巻き込み協働しながら、プロジェクトを成し遂げていく。HiCELのメンバーは、試験の成績ではない、GPAでもない、真の実力をつけていき、社会に巣立っていきます。

だから、HiCELのメンバーは、個性的で、魅力のある学生がそろっています。

HiCELは、今日も元気に、1つ1つ、コツコツと、今を生き、前進してきます。

だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。

だから、私は、HiCELが好き。

HiCEL 受験生応援プロジェクト!

★☆★ HiCEL 受験生応援プロジェクト ★☆★

1) だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。 だから、私は、HiCEL が好き。

2) 都市大 電気電子工学科を選んでよかった!

3) 緑に囲まれ、落ち着いて勉強できる! テニスコートもたくさんある!

4) 子供たちや地域住民の皆様と交流できる!子供たちや地域住民の皆様と交流できる! 自分が成長できる環境が整っている!

5) 人々が当たり前と思っている暮らしを守る仕事がしたい!

6) 問題発見 問題解決 能力を養成! 将来の生きるテーマ、夢を見つけることができます!

7) 東京都市大学 電気電子工学科では、学生実験におけるアクティブ・ラーニング化を進めています!

8) 明日より、都市大チャレンジ 「業界を知ろう!業界勉強会 2018」が行われます!

9) 2018年3月、新しい研究・実験棟(通称: C1棟)が世田谷キャンパスに完成します!

10) 自分が主役になり、テスラコイルもレールガンも、「ひらめき」を信じ研究しています!

HiCEL ちゃんねる (YouTube)!

岩尾 教授 の 紹介

【岩尾 徹 教授 関連ページ】

岩尾 徹 教授 (東京都市大学 工学部 電気電子工学科 教授)
HiCEL.org (東京都市大学 大電流エネルギー研究室 ブログ)
HiCEL NOW (HiCEL の魅力)
魔法の言葉
新・魔法の言葉
明朗闊達
Twitter
google+
Instagram
Facebook
Facebookページ
研究者情報データベース

【Web紹介】

リクナビ進学ジャーナル紹介
・ Askawa 講師(リンク切れ)
パワーアカデミー 研究者コラム 掲載
Yomiuri Online キャンパス紹介
Yomiuri Online 岩尾先生講義
夢ナビ 2017
夢ナビ 講師紹介
Technologist’s magazine
河合塾 VOICE

【岩尾先生への声】

・ 夢ナビ 2017 の 受講生の声
夢ナビ 過去の受講生の声

【Web教材】

・ 日本工学教育協会 研究発表 「全てを教えるのではなく、全てを学ばせる授業の進め方」
講義の鉄人 「ドラゴンボールの “かめはめ波”を科学する」
街を創り、社会を支える。その主役は「電気」。