3次元電磁熱流体シミュレーション用PCを、さらに1台、導入しました!




3次元電磁熱流体シミュレーション用PCを、さらに1台、導入しました!

今回は、コントロールボリュームのサイズを現状の小さいままにしながら、計算領域を拡大(コントロールボリュームの数の増大)することを目的とし、Linux を導入することにしました。

HiCELは、3次元電磁熱流体シミュレーションを駆使し、放電プラズマ現象の解明に向け、前進しています。