東京都市大学 電気電子工学科 の魅力! (6) 問題発見 問題解決 能力を養成! 将来の生きるテーマ、夢を見つけることができます!




だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。だから、私は、HiCEL が好き。

HiCELは、夢に向かってがんばる受験生を応援します!

4月に、東京都市大学 電気電子工学科で、お待ちしています!

問題発見 問題解決 能力を養成! 将来の生きるテーマ、夢を見つけることができます!

 東京都市大学 電気電子工学科では、アクティブ・ラーニングを積極的に取り入れており、授業から研究室活動まで、教授から学生という一方通行ではなく、教授と学生、学生と学生同士が、一緒に考え、一緒に取り組み、一緒に協働しながら、「問題発見」と「問題解決」をしていく教育が展開されています。

特に、電気電子工学科のアクティブ・ラーニングの取り組みは、現在、東京都市大学の教育改革推進プログラムの1つに選ばれており、東京都市大学の先頭に立って、アクティブ・ラーニングを活かした教育改革に取り組んでいます。

さらに、「理論と実践」を合言葉に、設備見学会、企業の皆様の講演会、研究シンポジウムなどが頻繁に開催されており、学生がどんどん成長できる環境が整っています。

だから、電気電子工学科の学生は、主体的に行動する機会に恵まれ、積極性、チャレンジ精神、そして、研究者や技術者として必須の「本物」の実力 が養われていきます。

また、東京都市大学 電気電子工学科では、将来の生きるテーマ、夢を見つけることができます。

電気電子の技術は、電力、医療、交通、食品、水、防犯など、さまざまな分野に行き渡っています。このような特長を活かし、電気電子というキーワードを基に、様々な分野をより繋げていくことによって、新たな価値、住みやすい暮らしを作っていける仕事に携わることができます。だから、就職にも強い!

こんなことができるのも、私たちの暮らしを支え豊かにすることができる「計測、通信、制御」(MCC)技術を扱う唯一の学科である「東京都市大学 電気電子工学科」だからできることです。

このように、東京都市大学 電気電子工学科の先生方の取り組みの下、私たち学生は、「本気で」勉強や研究をする機会を得ることができ、「問題発見」と「問題解決」の能力を養い、将来の生きるテーマ、夢、将来像を描くことができます。こんなところも、東京都市大学 電気電子工学科の魅力です。

だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。だから、私は、HiCEL が好き。

HiCEL 受験生応援プロジェクト!

★☆★ HiCEL 受験生応援プロジェクト ★☆★

1) だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。 だから、私は、HiCEL が好き。

2) 都市大 電気電子工学科を選んでよかった!

3) 緑に囲まれ、落ち着いて勉強できる! テニスコートもたくさんある!

4) 子供たちや地域住民の皆様と交流できる!子供たちや地域住民の皆様と交流できる! 自分が成長できる環境が整っている!

5) 人々が当たり前と思っている暮らしを守る仕事がしたい!

6) 問題発見 問題解決 能力を養成! 将来の生きるテーマ、夢を見つけることができます!

7) 東京都市大学 電気電子工学科では、学生実験におけるアクティブ・ラーニング化を進めています!

8) 明日より、都市大チャレンジ 「業界を知ろう!業界勉強会 2018」が行われます!

9) 2018年3月、新しい研究・実験棟(通称: C1棟)が世田谷キャンパスに完成します!

HiCEL ちゃんねる (YouTube)!

岩尾 教授 の 紹介

【岩尾 徹 教授 関連ページ】

岩尾 徹 教授 (東京都市大学 工学部 電気電子工学科 教授)
HiCEL.org (東京都市大学 大電流エネルギー研究室 ブログ)
HiCEL VOICE (HiCEL の魅力)
魔法の言葉
新・魔法の言葉
明朗闊達
Twitter
google+
Instagram
Facebook
Facebookページ
研究者情報データベース

【Web紹介】

リクナビ進学ジャーナル紹介
・ Askawa 講師(リンク切れ)
パワーアカデミー 研究者コラム 掲載
Yomiuri Online キャンパス紹介
Yomiuri Online 岩尾先生講義
夢ナビ 2017
夢ナビ 講師紹介
Technologist’s magazine
河合塾 VOICE

【岩尾先生への声】

・ 夢ナビ 2017 の 受講生の声
夢ナビ 過去の受講生の声

【Web教材】

・ 日本工学教育協会 研究発表 「全てを教えるのではなく、全てを学ばせる授業の進め方」
講義の鉄人 「ドラゴンボールの “かめはめ波”を科学する」
街を創り、社会を支える。その主役は「電気」。