東京都市大学 電気電子工学科 の魅力! (2) 一人暮らしでも安心! 4年間、同一のキャンパス最高! そして、留学にも挑戦可能!




だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。だから、私は、HiCEL が好き。

< 受験生応援プロジェクト >

HiCELは、夢に向かってがんばる受験生を応援します!

4月に、東京都市大学 電気電子工学科で、お待ちしています!

一人暮らしでも安心! 4年間、同一のキャンパス最高! そして、留学にも挑戦可能!

僕は、一人暮らしをしているのですが、最寄り駅から大学まで商店街があって、良く活用しています。また、多摩川もあるなど自然豊かな場所ながら、武蔵小杉、自由が丘、二子玉川、渋谷、横浜のすぐそばというロケーションは最高です。

また、4年間、同一のキャンパス、ということで、一人暮らしでも引っ越ししなくても良いですし、なにより、部活にも支障がないのがいいですね。キャンパスが離れていると、先輩と後輩との交流も難しくなりますし、何より、いろんな情報が手に入りにくいです。

大学院の先輩、博士課程の先輩とも、容易に交流できるのも、自分の将来を決める上で、重要な点ですね。1年生や2年生であっても、キャリア関係のセミナーも、先輩たちと一緒に受けることができることも可能です!

やはり、東京の大学というロケーションは、情報がすぐに入りますね。シンポジウム、講習会、勉強会、工場見学会、企業説明会などにも、すぐに行けることも、魅力です!

さらに、TAPというオーストラリアへの4カ月の留学プログラムがあるのも最高です!僕は、TAPに参加しオーストラリアに留学したのですが、海外でのいろいろな異文化交流ができ、新しい友達を作る機会に恵まれ、とてもいい勉強になりました。留学して、成長できたと実感しています。

研究室に配属された後にも、海外インターンシップや海外の国際会議での学会発表なども、学生が自主的かつ積極的に取り組んでいるのも、魅力の1つです。もちろん、研究留学することも可能です。研究する環境、雰囲気が整っているのが、東京都市大学 電気電子工学科の自慢です!

このように、留学、海外インターンシップ、海外での学会発表などを、学生自らが積極的にできるところも、東京都市大学 電気電子工学科の魅力だと思います。

だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。だから、私は、HiCEL が好き。

HiCEL 受験生応援プロジェクト!

★☆★ HiCEL 受験生応援プロジェクト ★☆★

1) だから、私は、東京都市大学 電気電子工学科。 だから、私は、HiCEL が好き。

2) 都市大 電気電子工学科を選んでよかった!

3) 緑に囲まれ、落ち着いて勉強できる! テニスコートもたくさんある!

4) 子供たちや地域住民の皆様と交流できる!子供たちや地域住民の皆様と交流できる! 自分が成長できる環境が整っている!

5) 人々が当たり前と思っている暮らしを守る仕事がしたい!

6) 問題発見 問題解決 能力を養成! 将来の生きるテーマ、夢を見つけることができます!

7) 東京都市大学 電気電子工学科では、学生実験におけるアクティブ・ラーニング化を進めています!

8) 明日より、都市大チャレンジ 「業界を知ろう!業界勉強会 2018」が行われます!

9) 2018年3月、新しい研究・実験棟(通称: C1棟)が世田谷キャンパスに完成します!

HiCEL ちゃんねる (YouTube)!

岩尾 教授 の 紹介

【岩尾 徹 教授 関連ページ】

岩尾 徹 教授 (東京都市大学 工学部 電気電子工学科 教授)
HiCEL.org (東京都市大学 大電流エネルギー研究室 ブログ)
HiCEL VOICE (HiCEL の魅力)
魔法の言葉
新・魔法の言葉
明朗闊達
Twitter
google+
Instagram
Facebook
Facebookページ
研究者情報データベース

【Web紹介】

リクナビ進学ジャーナル紹介
・ Askawa 講師(リンク切れ)
パワーアカデミー 研究者コラム 掲載
Yomiuri Online キャンパス紹介
Yomiuri Online 岩尾先生講義
夢ナビ 2017
夢ナビ 講師紹介
Technologist’s magazine
河合塾 VOICE

【岩尾先生への声】

・ 夢ナビ 2017 の 受講生の声
夢ナビ 過去の受講生の声

【Web教材】

・ 日本工学教育協会 研究発表 「全てを教えるのではなく、全てを学ばせる授業の進め方」
講義の鉄人 「ドラゴンボールの “かめはめ波”を科学する」
街を創り、社会を支える。その主役は「電気」。